fc2ブログ

パズドラ ダメージ計算 実用編

パズル&ドラゴンズのダメージ計算の発展編です
この内容まで理解出来れば、実際に与えるダメージを計算できるようになります

計算式だけでは見えてこない部分を重点的に解説していきます


先に簡単に計算式をイメージしておきますと

モンスター攻撃力 × 同時消し倍率 × ドロップ強化 × 2way

これを同じ色のドロップを複数回消した場合それぞれ計算し、その合計に

× コンボ倍率 × 列強化 × リーダー倍率 × フレンド倍率

と計算して最終結果を出します
エンハンスはおそらく同時消し前後だとは思いますが、最後にかけてください
説明は不要かと思われます
強いて言えば、複数のエンハンス同士の重ね掛けは出来ません





第四章 ドロップ強化



続いては強化ドロップを含む計算です
強化ドロップとは+マークのついたドロップのことを言います
+マークのついたドロップを消すと、通常より少し大きなダメージを与えることが出来ます

123.jpg


強化ドロップの数が1個増える毎に攻撃力が0.06倍ずつ加算されます

数式にすると
1 + (強化ドロップの個数 × 0.06) 倍
となります


この際、計算順序に気を付けてください
以下の手順で求めます




このドロップ強化を計算するには、まず消した回数の攻撃力を書きます
闇属性攻撃力1000のモンスターを仮定すると
上の画像の場合は闇ドロップを2回消しているので、2回攻撃力を書きます

1000
1000

1+強化ドロップの数×0.06 倍がドロップ強化倍率ですので
上の画像の場合、

12個同時消しの方に強化ドロップ2個
10個同時消しの方に強化ドロップ1個

なので、それぞれ 1.12倍と1.06倍ですから

1000 × 1.12
1000 × 1.06

それらを合計して

1120+1060= 2180

となります

以下、以上の計算式から見える、ドロップ強化の性質について説明していきます



何に気を付けなければいけないかというと、
ドロップ強化は同時消しした部分にのみ、倍率がかかります

上の画像で盤面に3個の強化ドロップがあるから、1.18倍になるということではありません
12個同時消しした部分が1.12倍になり、10個同時消しした部分が1.06倍になります


なので、ドロップ強化は分割すれば分割するほど、弱くなります


この感覚を身につけるコツですが、
強化ドロップにポイントをつけます

強化ドロップに、同時消しした個数を記入してください

強化ドロップ1

上の画像の場合、闇ドロップ7個同時消しなので、7ポイントと強化ドロップの上に記入します
7ポイントが3つなので、 21ポイント とします
けっこーテキトーな画像でごめんなさい


強化ドロップ2

上の画像の場合、闇ドロップ12個同時消しなので、12ポイントと強化ドロップの上に記入します
12ポイントが3つなので、 36ポイント とします


ドロップ強化3

上の画像の場合、闇ドロップ12個同時消しなので、12ポイントと強化ドロップの上に記入します
12ポイントが12個なので、 144ポイントとします


ドロップ強化4

上の画像の場合、それぞれ闇ドロップ3個同時消しなので、3ポイントと強化ドロップの上に記入します
3ポイントが12個なので、 36ポイントとします



画像3番目と4番目を比べてみてください
強化ドロップの数も闇ドロップの数も12個で同じなのに、144ポイントと36ポイントの差になりました
このように、強化ドロップは分割すると弱くなります

同じ個数でも結果に影響が出るため、計算の順序が大事だったわけです

ちなみに1ポイント 0.06倍 で計算することが出来ます



第五章 覚醒スキル ドロップ強化



最近、覚醒スキルのドロップ強化に倍率がかかるように上方修正されました
これにより、単純に0.06倍では計算出来なくなりました


ただし計算自体は難しくなく、

1 + パーティー全体の覚醒スキルの数 × 0.05

倍が上乗せされると考えれば大丈夫です

ただ本当にややこしいことに、今度は強化ドロップの個数や同時消しした個数は関係ありません

ドロップ強化5

上の場合でも、下の場合でも
覚醒数×0.05 が乗算されます

さらにいえば、4個以上同時消しの場合も同じく
覚醒数×0.05 が乗算されます



よって、例えば上の画像の上の例なら
パーティー全体にドロップ強化覚醒が3つあると仮定した場合

1000 × 1.06 × 1.15

となります
また同じく、下の例なら強化されたドロップが3つですので

1000 × 1.18 × 1.15

と計算されます






つまり闇ドロップが9個ある中に、強化された闇ドロップが3個あった場合
なおかつ、闇ドロップを3個 3個 3個に分けて消したい場合

強化ドロップを1つ含む3個を3ペア作る
方が攻撃力が高くなる
、ということです

簡単に説明すれば、同時消しした全体にかかるので、強化されていないドロップもこの覚醒スキルの恩恵を受けることが出来るため、このような現象が起こります




第六章 2体攻撃


一般的に 2way と呼ばれる覚醒スキルですね
4個同時消しした時に、攻撃力が上がり2体に攻撃するものです


このスキルを持ったモンスターが4個同時消しを行うと、
攻撃力が 1.5倍 になります


この覚醒スキルを2つもったモンスターなら、 1.5×1.5なので
攻撃力が 2.25倍 になります



これは、4個同時消しした部分にのみ倍率がかかります


例えば4個消しと3個消しを行ったとき
4個消しを行った方にのみ、倍率がかかります


1000 ← こっちは4個消しなので2.25倍 (4個同時消し倍率も掛け合わせます)
1000 ← こっちは3個消しなので倍率はかからない

ということになります(2体攻撃を2つもっているモンスターを仮定しています)

片方しか2.25倍になってないので、全体として見た時に倍率は2.25倍より下がります
4個消しと3個消しの場合は約1.7倍程度にまで倍率が落ち込むはずです
4個3個3個消しの場合は約1.6倍です


2wayを使うなら、なるべく4個で消しましょう




第七章 属性強化



一般的に「列」や「列強化」と言われている覚醒スキルですね
横一列に並べたときに攻撃力が上がる、というものです

作った列の数 × パーティー全体の属性強化の数 × 0.1+1倍

という計算式です

2way2個持ちの2.25倍に比べて、一つ1.1倍って弱すぎない?と思うかもしれませんが、とんでもありません
瞬間火力で言えば、2wayは列強化の足元にも及びません


まず式の中で注目するポイントは
パーティー全体の属性強化の数
という部分です

パーティー全員1つずつ列強化を持っていたとしたら、パーティー全体で6個
つまり、1.6倍にもなります


それでも2wayの2.25倍には及ばないと思われるかもしれませんが、
今度の注目すべき点は
作った列の数
という部分です

つまり2列作れば 1.6倍から2.2倍になります

この時点で2wayとほとんど並んでいますが、
列強化の倍率は、列になっていない部分にまでかかります

2wayは4個同時消しした部分にしかかからなかったので、実際は2.25倍より倍率は下がることが多いです
列強化は全体にかかるため、例えば

6個同時消し(列)
3個同時消し

の両方に倍率がかかるわけです


そしてここからさらに追い打ちですが、最大の違いは
パーティー全員に倍率がかかる
ということです

2wayはその覚醒を持っている一人だけで完結するスキルなのに
列強化は一人持っていれば、それがパーティー全体にかかります



ぴったり18個ドロップがあるときに3列作れますが、もはやそんなことを考える必要もなく列強化の方が強いです



もちろんこれは瞬間火力、つまり「いざ」という時に出せる火力のことなので、道中でも手軽に使える2wayとは一概にどちらが強いとも比べられません



列強化の残念な部分としては、ガチャ限がほとんどなので無課金には敷居が高いということでしょう
ただ、本当にそれだけの強さはある、ということです

ちなみに同時消しした場合は1列としてカウントされるので、この記事の一番上にある画像なら2列だし、下の画像のような花火の場合は1列だけの倍率がかかります

122.jpg



さて、最後に試しに実際に計算してみようと思います
上の画像の花火の後、 木ドロップ3個 闇ドロップ3個 の落ちコンがありました

この時のヴァンパイアデュークの攻撃力を求めてみましょう

私のヴァンパイアデュークの攻撃力は以下の画像の通り 1373

125.jpg



パーティー全体の列強化数は パンドラ1 闇メタ2 半蔵1 ソニア1 で合計5個
パーティー全体のドロップ強化数は デューク1 で1個



闇ドロップを2回消しているので、

  (1) 1373
  (2) 1373

(1)は、闇ドロップ30個同時消しなので

  (1) 1373 × 7.75 = 10640.75
  (2) 1373

(1)は、強化されたドロップが30個あったので

  (1) 10640.75 × 2.8 × 1.05 = 31283.805
  (2) 1373

(1)と(2)を合計して

  31283.8 + 1373 = 32656.8 

コンボ数は3コンボなので

  32656.8 × 1.5 = 48985.2 

列強化数は5個で、花火(1列)なので

  48985 × 1.5 = 73477.5
  
リーダー倍率は 4倍 なので

  73477.5 × 4 = 293910

フレンド倍率は 2.5倍 なので

  293910 × 2.5 = 734775


それではどうだったかというと、実際の画像はこちら

126.jpg

計算結果と実際で数値を比べてみると

734775
734790


うーん・・・ 25だけズレてしまいました
でも限りなく正解に近い答えにはなっています


このズレは 「小数点以下四捨五入」のタイミングにあります
1 × 100 × 1.5 を左から計算すると 150 ですが
1 × 1.5 × 100 を左から計算し、1.5のところで四捨五入して2にして100をかけたら200になります

つまり掛け算でありながら、交換法則が成り立たないのです
計算順序が変わると、最後の結果にわずかに誤差が生じます


自分なりに正解に近い順序ではあると思うのですが・・・
どうか正確な順番が分かる方、教えて下さい!


というわけで、今回の記事はここまでです

これから色々この数値を使って比較などの考察をしていきたいと思っています
そのときまで!



→ トップページに戻る
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

アクセスカウンター♪
プロフィール

ぉ野菜ちゃん

Author:ぉ野菜ちゃん
HaruKaの超絶笑顔同盟へようこそ!
ゲーム攻略に関する記事です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR