fc2ブログ

ニンジャのステ振りスキル振り考察

ニンジャはボス戦には向かない職業です
ただ低課金者でも使えるのが魅力の職業でもあります

またニンジャの使い方は多岐に渡ります
人の数だけ振り方がある、と言っても・・・だいぶ過言ですが、とにかく型が多いです


そこで今回はいつものパターンは無視して、なるべく解説欄を充実していきたいと思います





瞬滅型


ステ振り
LUK 99~150
SPD 99

<解説>
無課金者でも扱えるのがこの型の特徴だと言える
ただ、いくら課金出来るかでステ振りなどが変わってくる

LUKが装備やアバで確保出来る人は、LUKのステにそれほど振る必要はない
逆に確保が難しい場合、ステータスのLUKに振れるだけ振りたいところ
下記を読んで一通り知識をつけてからステは振っていきたい

補正込LUKが高い人は、わざわざ瞬滅刃にスキルポイントを優先して振る必要はない
スキルレベル×1%上昇なので、10レベルにしても成功率10%しか上がらない
成功率の75%はLUKによる影響なので、LUKさえ高ければ75%の確率で成功する、ということだ
最終的に85%にするのが理想ではあるが、援護として使う場合も考えると他のスキルを優先して振ったほうが良いと思われる

また、逆にLUKが低い人は瞬滅刃の「毒状態の敵には必ず成功」という特性を使う
シーフの「ドキシック」というスキルを使えば、敵を毒状態にすることが出来るので、ドキシックで毒にして瞬滅する
よって、瞬滅のスキルレベルを優先して上げる必要はない
時間がかかるので効率は悪くなるが、低いLUKで殴り続けるよりは早い
エコー処理の時のみ、のような使い方になるだろう
ワグ処理も出来るが、時間がかかるので大した数は倒せないと思われる
瞬滅の成功率が100%といえど、回避率の問題でLUKは上げる

ある程度LUKが確保出来そうな人は、瞬滅刃のレベルを上げると良い
念のためドキシックをリンクしておくと良いかもしれない

仲間の補助に「風陣の術」は振っておきたい
移動速度が上がるので喜ばれる

「影隠れ」はあると結構便利だったりするので、ある程度スキルレベルを上げておいていい
必要ないと感じたなら、振らなくても良い


まとめると
低LUK → ドキシックリンク
中LUK → 瞬滅刃
高LUK → 風陣or影隠れ



阿修羅型(トリアタ型)


ステ振り
POW 99~150
SPD 調整
LUK 調整

スキル振り
阿修羅の術 ・・・ 必須

スキルリンク
サケール ・・・ 必須
ラピッドダブル ・・・ 必須
コソバーン ・・・ S

<解説>
ニンジャの職業特性には 残像阿修羅 というスキルは
「通常攻撃が3回当たることがある」
という効果で、これを利用したものが阿修羅型だ

阿修羅の術 というスキルはこれを100%発動させる効果を持つ
効果時間は 1 + スキルレベル×2 秒間である

サケールをリンクして、敵の攻撃を100%回避しつつ、通常攻撃の攻撃力が単純計算で3倍にして戦うというスタイルだ

ただしサケールも阿修羅の術も再使用待機時間が長いため、単発型である
勝負を一瞬で決めることを前提とした型だ

倒しきれない場合はコソバーンに攻撃手段を切り替えるといいかもしれない
そのため、即復帰ペットなどがいると使いやすい

また、ATK職は基本的に重課金者向けである
無課金者や低課金者がこの型を憧れだけで使うと、非常に残念なニンジャになってしまうから注意が必要だ

LUKを上げて回避率を上げておきたいところ
LUKが難しそうならSPDを優先させてしまおう


魔ニンジャ


メイジからリンクした属性魔法で戦うスタイル

ステ振り
INT 99~150
SPD 調整
LUK 調整

スキルリンク
属性魔法 ・・・ 必須
マホギレネーゼ ・・・ S
マジエレメン ・・・ S

<解説>
筆者の個人的見解としてはソーサラーの劣化としか思えない型
友人に言ったら怒られた

戦うため、というよりは素材集めに魔ニンジャは使うそうだ
ボスに瞬滅は効かないため、素材集めをボスを含めてやりたい場合はこの型になる

ソーサラーと差別化するためにも、SPDに振って風陣を上げると良いかもしれない
同じくLUKを上げて回避率を高めたい
Lサラの装備を使いまわせばいいと思われる


まとめ
ニンジャならどの型でも基本的にLUKを上げる
そのため、瞬滅のレベルを上げなくても瞬滅をメイン戦うのでなければ困らない
つまりは装備次第だが、阿修羅型でも魔ニンジャでも瞬滅を使おうと思えば使える
また、バリゲットンをリンク出来るようにどの型もVITには振らないのが一般的
シーフだと盗んだ後に敵を倒すのに苦労することがあるため、瞬滅や魔を使えるニンジャで素材を集めるのが主流なようだ
火力となってボスと戦うことを目的としている人はニンジャはあまりオススメしない


→ トップページに戻る
スポンサーサイト



マテリエッグを使って育成すると?

マテリエッグはLv1の時に
合成した時に上がるステータス3 他1というステータスで生まれてきます

例えばPOWマテリエッグなら
POW 3
INT 1
SPD 1
VIT 1
LUK1
HP 15~20ぐらい?
SP 15~20ぐらい?
というステータスで生まれてきます

POW餌なので、他のステータスは関係ないので、たとえSPDが100だったとしても意味はありませんが笑


マテリは1レベル上がる毎に各ステータスが1ずつ上がります
よって、POWが11になるのは Lv9 の時です

Lv9にするには 累計44個 のボーロが必要です


そこで今回はまずマテリのレベルを上げるべきか否かを計算してみましょう
ややこしいので成功率は50%として計算します

Lv1マテリ10個を マテリ1素材5 で合成して、10回繰り返した場合
POW上昇量予測 → 5

Lv9マテリ10個を マテリ1素材5 で合成して、10回繰り返した場合
POW上昇量予測 → 10
必要ボーロ数 440個 (2b以上!)


ということで、1bあればマテリ10個は購入出来ますし、PISVLマテリには餌を与えない方が良さそうです
マテリ1匹=通常ペット1匹 ぐらいなので、Vマテリ1匹はテツナメクジ1匹に等しいですね!
10匹テツナメクジを捕まえれば1bもらえる計算になるわけです
ペット譲り受けが可能だったならば、ペット代行業が儲かったことでしょう笑
ちなみにSマテリは2匹でキーウィー1匹分です


HP、SPに関しては
Lv1の状態でHP2上がります
そして1レベル上がる毎に12ずつ上がっていくので
Lv1でHP20と仮定すると

Lv1 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量 2

Lv2 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量4
→ 必要ボーロ数 2個

Lv3 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量5
→ 必要ボーロ数 5個

Lv4 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量6
→ 必要ボーロ数 9個

Lv5 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量7
→ 必要ボーロ数 14個

Lv6 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量 8
→ 必要ボーロ数 20個

Lv7 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量10
→ 必要ボーロ数 27個

Lv8 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量11
→ 必要ボーロ数 35個

Lv9 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量12
→ 必要ボーロ数 44個

Lv10 HPマテリ1 その他5
→ HP上昇量13
→ 必要ボーロ数 54個


ここらへんまでにしておきますが、(初期HPが20未満の場合は以上の数値が1下がる可能性がある)
ここでHPを1000上げるにはマテリが何匹必要になるか、を計算しようと思います


Lv1  500匹
Lv2  250匹 必要ボーロ数 500個 (2.5b)
Lv3  200匹 必要ボーロ数 1000個 (4b)
Lv4  167匹 必要ボーロ数 1503個 (7.5b)
Lv5  143匹 必要ボーロ数 2002個 (10b)
Lv6  125匹 必要ボーロ数 2500個 (12.5b)
Lv7  100匹 必要ボーロ数 2700個 (13.5b)
Lv8  91匹 必要ボーロ数 3185個 (16b)
Lv9  84匹 必要ボーロ数 3696個 (18.5b)
Lv10 77匹 必要ボーロ数 4158個 (21b)

という計算になり、
最後に 20個1b でHPマテリを購入した場合を考えてみると

Lv1  25b
Lv2  12.5b+2.5b = 15b
Lv3  10b+4b = 14b
Lv4  8.5b+7.5b = 16b
Lv5  7b+10b = 17b
(以下略)

となるため、
だいたい Lv2~4ぐらいで合成するのが良さそうです

が、このあたりのレベル帯だと生まれたときの初期ステータスがいくつなのかによって大きく数値が上下します

今回は初期HP20で計算したので、HPが19~20の場合のみ適用されます
HP17~18の場合はLv3
HP15~16の場合はLv4
で合成すると良いと思います

繰り返しますが20個1bでHPマテリを買った、という計算の数値です
30個1bで買えた、などという場合にもまたこの数値は変動してきます

例えば30個1bで買えたなら、Lv2のところが 12.5+2.5=15bとなっていますが、この手前の数値の部分が3分の2になりますね!
なので 8.5b+2.5b=11b となります
これは初期HPやマテリ相場に左右されやすい数値なので、結局は皆様自身が計算することになると思います
この記事はあくまでも参考程度にお使いください



→ トップページに戻る

チョコットランド レベル上げ!

レベル上げは、初心者~中級者最大の課題だと思います

ステ振りスキル振りの記事も完成してないのに先にレベラゲかよ!と思った方
ごめんなさい・・・・


今のチョコットランドの主流なレベル上げは
レイコールの塔7F と ノロ です

それ以外の狩場も紹介しますが、この二つの狩場だけで1~90までやるのが楽です
なぜならハコスラさえいれば放置が出来ますから・・・

というわけで、今回はレイコールの塔7Fについての行き方や使い方の説明をします



レイコールの塔 7F



PC版の場合、狩場は主に3箇所あります
左ネクロ
左影
です

そしてどの狩場を使うにも『セット』という作業を行う必要があります

このセットとは、強い敵を奥へ連れていき、狩場を弱い敵だけにするという作業です

具体的なやり方はこちらの動画をどうぞ!
→ youtube 7Fセット方法


7F左ネクロ
ネクロフェイス
1匹 経験値20万

その場から一歩も動くことのない敵です
ただし近寄ると攻撃してきます
なので、敵の攻撃の届かない安全な場所から遠距離攻撃をしましょう
魔法や遠距離武器がオススメです

INT依存攻撃で、攻撃を喰らうと毒状態になることがあります
なので放置には向いていません
一桁に必要なINTは180程度です


7F左影
魂ヲ喰ラフ影
1匹 経験値40万

7F左のネクロとは反対方向に行くとすぐ出会えます
INT依存攻撃で、INT118程度で一桁になります

高VIT優先攻撃なので、近くにいるもっともVITの高い人を攻撃します
なので、VITの高い友達やペットといると、こちらに攻撃が来ないため安全に狩れます



7F右
グリムソーサラー
1匹 経験値27万

INT依存攻撃で、INTが96になると一桁になります
ダメージをほとんど喰らわないため、ペットに倒してもらって、放置しながらレベルを上げることが出来ます
HP自動回復装備をつけてれば、主人公が死ぬことは半永久的ににないでしょう
セットが崩れた時ぐらいです


レイコールの塔7Fに行くためには、煉獄門を開通する必要があります
そのための前提クエストの攻略方法を紹介します

動画での説明はこちら
~準備中~

まずレイコールの塔1F入口のフードの男に話しかける
レイコールの塔1F右上の方に行き、水を汲む
男の元へ水を渡す
次にクリムゾンデモンを倒すことを依頼される
塔5Fボスのクリムゾンデモンを倒す
男に報告し、次にレイコールの塔2Fの右上の方の穴から奥に進む
奥にいるフードの男のクエストを受け、夢界に行く
夢界でボラキラボスを倒し、2Fの男に報告
再び1F入口の男に報告し、先に進めるようになる


夢界に行くためには
「夢見パジャマ」 ・・・ 夢現粉9個 暖かい毛6個 穴だらけの青皮9個
「夢見キャップ」 ・・・ 夢現粉6個 暖かい毛3個 穴だらけの青皮6個
「夢見ハンマー」 ・・・ 夢現粉3個 キラキラした鉱石1個 精霊の雫1個 
が必要になります


モリッコ秘密基地の入って左の部屋で全部揃うと思います


煉獄門を通れるようになった後、一度6Fから7Fへまともなルートを通って行かなければなりません
二度目以降はワープが出来るようになるのでその必要はありません
ここを通るときは高INTのキャラか、上級者の人と一緒に行った方が良いでしょう

6Fにはワープする魔方陣がありますが、右下に出口があるところにワープしたら、そこが7Fへと続く道です
左下に出口があるところにワープしたら、それはヴァレリアへの道です



・・・装備を一通り売ってしまったので、本格的な活動は出来ませんが、
ノロ代行ぐらいなら悪魔のハートで装備売りきれるまでは受けますよ笑
相談などありましたら「haruほむ彡」のIDまでよろしくです
彡がでない人はコピペで大丈夫です

→ トップページに戻る

ペトステの効果 ノロで放置がしたい!

ペトステATKとDEFの効果は実質2倍になります

例えば
「ペトステDEF sss」の効果はペットのDEF+150ですが
これを装備させると実際は300上がっています


表示されているDEFは150上がっているだけなので分かりにくいところです
この場合は2枚装備しているので300上がっていますね

実際の画像を見てみましょう
2015y01m30d_024240248.jpg
2015y01m30d_024331552.jpg

少しハコスラの方の画質が悪くなってしまいましたが、ハコスラのDEFは1530なのに、ヨモツビからのダメージは一桁です
しかし主人公のDEFは1616あるのに、ヨモツビからの被ダメは369も受けています


ヨモツビからの被ダメを一桁にするには、DEF約1800必要です(正確には1778?)
元々、私のハコスラのDEFは1230で、表示DEFは+150が2枚で1530、そして実質DEFはさらに+150が2枚分なので1830となり、ヨモツビからの被ダメが一桁になります


ハコスラのDEFが890の場合
ペトステDEFsss 3枚
でヨモツビからの被ダメを一桁に出来る(=ノロで放置が出来る)


ハコスラのDEFが990の場合

ペトステDEFss 1枚
ペトステDEFsss 2枚

ハコスラのDEFが1090の場合
ペトステDEFss 2枚
ペトステDEFsss 1枚

ハコスラのDEFが1190の場合
ペトステDEFss 3枚


最後に全然関係ない話題ですが、Sハコスラは攻撃の際に星型になります
そして、ハコスラ種は目が黒いそうです

うーん・・・ 特に知ってたところで何の意味もない・・・?


→ トップページに戻る
チョコットランド・攻略ブログ
↑ブログを広めるためにも、もし私の力がお役に立てたなら、感謝の数だけこちらをクリックしていただければありがたく思います♪

ペットの純ステータス

今回は純ATKや純DEFといったステータスについて説明しますが、すぐ終わります


表示ATK = POW×3 + 純ATK

表示DEF = VIT×2 + 純DEF



という式になっています

もう少し分かりやすく解説します

このハコスラを見てください

2015y01m28d_230800307.jpg

表示ATKは 1475
POWは 425

表示ATK = POW×3 + 純ATK という式なので、

POW×3 = 425 × 3 = 1275
1475 - 1275 = 200


で、この画像のハコスラの純ATKは200となります


ちなみに純ATKと純DEFの合成限界もペットのレベル×5なので
40レベルで最大200となります

純DEFも同じように今いくつかを計算すると
VITの場合は2倍なので

1230 - 515×2 = 200

さすが私!純ステまで抜かりありませんね!
SPは7777で、キレイでしょう!
決して育成が面倒になって妥協したわけじゃありませんよ・・・?汗


2015y01m28d_233225298.jpg

こっちのすとろべるべるちゃんはといいますと

DEFに関しては1100で、VITが450だから、ぱっと暗算で純DEF200ですね!

純ATKに関しては・・・ アレ・・・?

表示ATK 1323
POW 415 より

415×3 = 1245
1323 - 1245 = 78

どうやらこのハコ、純ATK78しか上がってないようです
あと 122 純ATKが上がる余地がありますね・・・


純ステータスは期間限定ペットでしか上げることが出来ないので、ペトパやお月見、帝国イベントでは全力ですね!

ギガビビリ 純ATK
ギガシャイン 純ATK(スタミナ)
ギガブラック 純DEF
過激な盗賊 純DEF
ジョルジェ 純DEF

え・・・ 「スピカ」も純ATK餌らしいです笑 いつの間にか期間限定じゃなくなってたんですね・・・



ということで、今回は質問の多い純ステータスでしたが、いかがでしたか?

装備やアバターなどでペットのATKが変化するので、それを忘れると純ATKの計算を間違えるので注意しましょう


→ トップページに戻る

チョコットランド ドーピング方法

チョコットランドの廃人勢になってくると、「ドーピング」という作業を行って一時的にステータスを高めようとします

ALLビタやPOWビタ、アタークリキッドなどのアイテムを使います
手順があるので、理屈とともに覚えましょう


基礎知識
ビタを使用すると、キャラクターのステータスが上がります
これは自分で振ったステータスにのみ効果がかかるので、装備やアバは含まれません

チョコビタALLを使用すると ALLステータスが10%上がる
チョコビタPOW(INT、SPD、VIT、LUK)を使用すると POW(その他同様)が20%上がる


この時、どちらを先に使っても大丈夫です
ALLビタとPOW(他)ビタは同時に使えます
本気の時は両方使いましょう


次にリキッドについての説明ですが
「装備補正」「アバ補正」込みの効果が反映され、装備やアバを変えても維持されます

つまり、リキッドを使うときは
今持っている最強のATK装備、ATKアバにして、アタークリキッドを使い、
装備を変えて
今持っている最強のDEF装備、DEFアバにして、マモールリキッドを使い、
戦いたい装備に変えて戦う


という手順を踏むことになります
カソリキはステに依存しないため、どのタイミングで使っても大丈夫です


では、最後にまとめです
ドーピング手順


1 : チョコビタALL、チョコビタPOW(他)を使う
2 : 装備やアバ、ヌシステやカードをATK特化に変え、アタークリキッドを使う
3 : 装備やアバ、ヌシステやカードををDEF特化に変え、マモールリキッドを使う
4 : 最後に自分の戦いたい装備に変える



という手順になります
なお、ホーリーナイトでDEFを上げるのに使用したい場合は、手順1の前にまずHPを20%にして職業特性を発現させてからチョコビタを使いましょう
マジアタリキッドやマジマモリキッドを使う際も、2や3のアタークリキッドやマモールリキッドと同様に使用します


いちいち毎回装備を変えるのにもたもたしてたら、ドーピングだけでドーピング時間が終わってしまいます
以上のことはただの基礎知識であって、このドーピングをどのように時間短縮するかがプレイヤースキルとなります

ショートカットを3ページ丸々使う
アバの切り替えにはマネキンを使う

が常識で、あとは反復練習です お金が流れていきます
さらに短縮したい場合、私の知り合いはスマホでアバの切り替えを行っていたと聞いたことがあります
pc画面はチョコに集中できる分、早く済みますね!
またヌシステを切り替える時間短縮のために、ヌシステ効果が1.5倍になるペットを複数匹用意する人も多いです

ちなみにこれまた当たり前ですが
ドーピングのために装備を用意する
というのも常識の一つです
実際に戦う装備は全然別だけど、ドーピングの効果を上げるために、ドーピングの時だけたとえばPOWの高い服にする、などです
この一瞬のためだけに100bや200b、それ以上するような装備を大量に買い集めます
装備だけでなくアバター、ヌシステなどもですね!
ある意味では、ここが廃人と上級者の分かれ道なのかもしれません

一部の職業の型、例えばスーパーLUKサムライと呼ばれる型は、このドーピング込でLUK230を目指すという型です
ドーピングがなければLUKが足りないので使い物になりませんが(それでも強いですが)、ドーピングをしたときにどの職業も追いつけないような恐ろしい強さになります


ドーピングをしよう、と考えている人はおそらく廃人様だと思うので、正直このような記事は必要なのか?と首をかしげる部分はありますが、中級者様も知っておいて損はないと思います


→ トップページに戻る

レンジャーの型とステ振りスキル振り

レンジャーは重課金職です

他の2次職と比較して、転職するためのハードルが低いから初心者向けだと思ったら大間違いです

そもそもにおいて、ペットを使う職業であって
ペットは無課金者には扱えませんので、その時点で無課金者にレンジャーは不可能です

それでいて、他の職業と違い
他の職業は 自分の装備さえ揃ってれば良い ですが
レンジャーは 自分の装備はもちろん、ペットの装備まで 揃えなければなりません

レンジャーを今からやる方は、手元に最低額5万円を用意してください
装備、アバが整っている方でも、ペットに2万円は必要になると思います



オーダイン型
オーダインを使って、ペットに戦わせる型
使うのはほとんどペトレンダとペトバーンなので、ハコスラをペトステでガチガチに固める

ステ振り
POW 99~150
VIT 99~150

スキル振り
オーダイン 必須
ペットマニューバ S
ペットサモン
ペットシュート
モンチャーム
ペットSPヒーラー

スキルリンク
マジデゴー 必須
ペットアターク S
ペットマモール S
コソバーン
サケール


<解説>
今回スキルについて評価をつけられなかったのには理由がある

まずはステ振りの解説だが、オーダイン型の場合はペットアタークやペットマモールを使用するため、術者のPOWとVITを上げる必要がある
これが基本の型だが、VITとLUKに振ってアタークを捨てる、という選択肢もある
レンジャーの避けられない宿命としてペットに命をかけるため、ペットが強いが、主人公は弱いということに陥りやすい
主人公は死なないことに専念するため、高回避高防御というVITLUK型が存在する

ただしアタークを捨てることになるので、火力は目に見えて下がってしまう
難易度の高いボスに行くのでなければ、VITLUKが良いと思われるが、親父クラスになるとVITLUKでは火力に物足りなさを感じてくる
ただ筆者の時代はまだチアーエンジェルがなかったので、もしかしたら親父ならVITLUK型が安定型になっている可能性はある (この点、情報求みます)


スキル振りに関しては、オーダイン型はペットに攻撃を任せるというのが基本で
主人公は暇になりやすい
ペットの回復をしてあげるぐらいだ
なおオーダインLv10は使わないため、Lv9で止めて良い

なので、主人公でも攻撃できるようにコソバーンを用意したりする
VITLUK型の場合はコソバーンを使う意味がないので、ペットサモンでサモンしたペットをシュートで投げるという形をとる
シュートのレベルを上げることでペットシュート型との兼用が出来なくもないが、実際ハコスラは召喚し続けるため、シュートする機会はない
今回はシュート型、今回はオーダイン型、とボスに行く前に決めておく必要があるだろう
なおハコスラを複数匹持っていない場合、ハコスラが死んでしまった後にシュート型になる、という可能性は考えられる
ちなみに廃人勢はハコスラやペトステを多量に所持し、ペトバーン型とペトレンダ型で使い分けるということを行っている

モンチャームに関しては何も主人公がしない時の暇つぶしのようなもので、半分以上ネタである


ペットシュート型
レンジャーのスキル「ペットシュート」を使い、敵に大ダメージを与える技
単発火力ではおそらくこの型が最強だと思う
コノシロも一撃で倒すことができるのだとか


ステ振り
パターンA : INT VIT
パターンB : INT LUK
パターンC : VIT LUK

INT 99~150
VIT 99~150
LUK 99~150


スキル振り
ペットシュート 必須
ペットマニューバ S
ペットサモン A
モンチャーム B


スキルリンク
ペットマジアターク 必須
マジデゴー S
サケール A


<解説>
モンチャームは同じくネタである
弾丸(ペット)が尽きたときに使う?機会はないと思われるが

ステ振りに関しては、先ほど説明した通り、
ペットが強くて 主人公が弱い
ゆえに、主人公は死なないことを考えればよい
よって
VITを上げて 高防御高HP で死ぬのを防ぐか
LUKを上げて 高回避 で死ぬのを防ぐか
の二択になる

INTを上げる意味は、ペットマジアタークの効果を上げるためだ
これが一般的な振り方であるが、筆者の個人的な見解としてはVITLUKをオススメする
筆者のINTが低すぎたのかわからないが、ペットマジアタークはINTが高くても高くなくてもそれほど実感がわかなかった
筆者は一時期レンジャーを本職にしていたが、経験上VLに転換してからずっと使いやすくなった
火力が下がったとはそれほど感じない
ただ、火力を本当に求めるなら、あるいは本職がINT職だったなら、INTに振るべきである
筆者はもともとマモホリだったので、ILからVLに転換した効果が大きかったとも考えられるからである
なお、VL型でペンギンLv30でも闇ベルファに十分ダメージを与えることができた (マジアタ込で単発約20万弱点属性)
(マジアタの効果が切れると18万ぐらいまで減った記憶がある)

マジデゴーをリンクするのが一応鉄板にはなっているが、実際マジデゴーを使っている暇はない
マジデゴーを使っている暇があれば、一発でも多くペットを投げたほうがずっといい
そのため、完全単発のハコスラなどを投げる場合に使用することになるだろう

サケールは言うまでもなく、あったらたまに便利、ぐらいの勢いだ
仲間が死んでしまったときにサケールで助ける、などの使い道ぐらいだろう


シュート型最大の弱点は、弾丸回避する敵がいることである
神獄の敵は弾丸をほとんど回避してしまうため、これならコソバーン型のほうが役立ったのでは、という気にさせられた(筆者経験談)
グローリーリリィなどではほとんど役に立たないと思っていいかもしれない


コソバーン型
ツボ型、コソレン
使い道は少ないとも言い難いが多いとも言い難い

ステ振り
POW 150
VIT 99
LUK 99

スキル振り
???

スキルリンク
コソバーン 必須


<解説>
もともとはテキスト集めのためにツボ周回用として作られた型である
エジプシアンではペットの召喚ができないので、エジプシアンでもペットの召喚が出来るレンジャーでコソバーンを使うという型だ

コソバーンはダメージを受けないで攻撃し続けるとダメージが上がっていくスキル
そのため、即復帰ペットに敵の攻撃を受けてもらい、ペットが死んだらまた次の即復帰ペットを召喚、と繰り返して主人公がダメージを受けないようにする型である
筆者はレンジャーをまともな?使い方をしていたため、スキル振りに関してはあまり詳しくないが、結局コソバーンを使って敵を倒すスタイルなので、ただレンジャーのどこでも召喚できる特性を目的としている型ゆえに、どれも必要ないような気がする
最低限、即復帰ペットを複数匹持っていることが前提である
即復帰はLUKをあげておくといいだろう


→ 各職業ステ振りに戻る
→ トップページに戻る

実際のところどのように合成すればいいか

知識は分かったけど、果たして実際どうやって合成したらいいのかを紹介します
皆様のペットホテル数に合わせて参考にしてみてください
なおペットホテル最大数ではなく、空いている数なので注意してください

目標ステータスは
ハコスラLv39
POW 195
INT 195
SPD 195
VIT 195
LUK 195
HP 3900
SP 3900
この状態になってから、ハコスラを40レベルにする

ハコスラのレベルがいくつの時に合成をしても構わない
5の時に合成を開始してもいいし、25レベルの時に育成を開始しても構わないし、39レベルになってから合成を一気に終わらせても構わない
合成残り200回で終わるとすると、
35レベルの時に100回やっていれば、39レベルになって残り100回で済む
20レベルの時に100回、30レベルの時に50回やっていれば、39レベルになって残り50回で済む
このように、別に何レベルで合成を始めたところで合成すべき回数は変わらない

ただし、合成限界というものがあるため、ある程度はレベルを上げてから合成を行った方が良い


※「合成限界」がわからない人は以下のリンクをご覧ください
→ 合成限界


HP餌
ゴーリム木 ゴーリム水 ポココ火

POW餌
ゴーリム木(アクエリア) ポココ火 ファイヤージェル ハスノハナ

INT餌
レッドゼリー フェアリードラゴン オーラボール

SPD餌
キーウィー

VIT餌
テツナメクジ

LUK餌
火炎ヤモリ スカルトン

SP餌
アニマ アニマケルブ



ペットホテル 0マス


各1匹ずつ捕まえる

レッドゼリー (ヴォルケ)
火炎ヤモリ (ヴォルケ)
ファイヤージェル (ヴォルケ)
キーウィー (グランガン)
テツナメクジ (グランガン)
ゴーリム木 (グランガン)

1匹ずつ捕まえ、
レッドゼリー + 火炎ヤモリ + ファイヤージェル +キーウィー + テツナメクジ + 火炎ヤモリ
と合成する
これを200回程度やるとSPDがカンスト(195)するので、キーウィーをゴーリムに変える
さらに200回程度やると、POWINTVITLUK(195)もカンストするので、カンストしたものから餌をゴーリムに変える
最終的にはゴーリム×6になる
SPも上げたければ、PISVLが終わった後にアニマ&アニマケルブを混ぜる


ペットホテル 5~13マス



Fドラゴンの抜け殻を使う 古びたメダル推定必要数 約1万2000個
メダル999枚 悪魔のハート20個 と換算すると、およそハート240個程度
メダルは取引で手に入れたほうが良い

上記の餌から好きなものを選んでそれぞれ9匹捕獲する
・その際、同じステータスの上がるペットは選ばない (例えば火炎ヤモリとスカルトンを一緒に合成してはいけない)
・HP餌とPOW餌とSP餌は選ばない

流れとしては
1種類目を9匹捕獲
ホテルを利用しつつ、
Fドラゴンの抜け殻5匹 + 捕まえてきたペット1匹
で合成し、これを9回繰り返す

ゴーリム(アクエリア)は6匹同時に合成する(属性問わず)
グランガンのゴーリムを使ってはいけない


ペットホテル 14~22マス



Fドラゴンの抜け殻を使用 古びたメダル推定必要数 約6000個

条件はホテル数5~13の時と同じで
・その際、同じステータスの上がるペットは選ばない
・HP餌とPOW餌とSP餌は選ばない
上記の餌から好きな餌を2種類選んでそれぞれ9匹ずつ捕獲する

1種類目を9匹捕獲
ペットホテルに預ける
2種類目を9匹捕獲
ペットホテルに預ける
Fドラゴンの抜け殻4匹 + 1種類目1匹 + 2種類目1匹
で合成する

HP餌は6匹同時に合成する
グランガンのゴーリムを使ってはいけない


ペットホテル 23~31マス



推定古びたメダル必要数 約2300個
・その際、同じステータスの上がるペットは選ばない
・HP餌とPOW餌とSP餌は選ばない

上記の餌から3種類選び、9匹ずつ捕獲する

Fドラゴンの抜け殻3匹 + 1種類目1匹 +2種類目1匹 + 3種類目1匹
と合成する

HP餌は6匹同時に合成する
グランガンのゴーリムを使ってはいけない


ペットホテル 32~40マス



古びたメダル必要数 約1200個

上記の餌から4種類選び、9匹ずつ捕獲する
・その際、同じステータスの上がるペットは選ばない
・HP餌とPOW餌とSP餌は選ばない

Fドラゴンの抜け殻2匹 1種類目1匹 2種類目1匹 3種類目1匹 4種類目1匹
と合成する

HP餌は6匹同時に合成する
グランガンのゴーリムを使ってはいけない

ペットホテル 41~50マス


古びたメダル推定必要数 約500個

上記の餌から5種類選び、9匹ずつ捕獲する
ここからはHP餌、SP餌を選んでも良い(グランガン×)
POW餌を選んではいけない
同じステータスの上がるペットは選ばない

Fドラゴンの抜け殻1匹 1種類目1匹 2種類目1匹 3種類目1匹 4種類目1匹 5種類目1匹
と合成する

なおHP、SP餌に関しては2匹以上で合成しても良い


ペットホテル 51マス以上



上記の餌から6種類選び、9匹ずつ捕獲する
HP餌SP餌を選んでも良いが、POW餌を選んではいけない

1種類目1匹 2種類目1匹 3種類目1匹 4種類目1匹 5種類目1匹 6種類目1匹
と合成する

なおHP、SP餌に関しては2匹以上で合成しても良い




POW餌を選んではいけない理由
POWはアクエリアのゴーリム木を合成していれば勝手に上がっていくため、わざわざPOW餌を捕まえる必要はない
逆に言えば、アクエリアのゴーリムを使わない予定ならばPOW餌を選んでも良い
なお火ポココもアクエリアのゴーリムと同じだが、DEFが1500程度ないと捕獲が難しい
HPがPOWより先にカンストした場合、そこからPOW餌を捕まえ始めればよい

HP、SPに関しては2匹以上で合成しても大丈夫で
Fドラゴンの抜け殻を使って合成するのが理想といえば理想だが、HPSP餌にまで抜け殻を使うと古びたメダルが大量に必要になってしまう
古びたメダルが余ってしまった場合には、効率を上げるためにHPやSPにも抜け殻を使う
HP餌SP餌を選んではいけないのはそういうことで、抜け殻を必要以上に消費するのを抑えるためである


捕獲率や移動速度の関係で、必ずしもこれが絶対ではない
9匹捕獲すると書いてあるところでも、近い狩場ならA餌4匹B餌5匹で捕獲すれば抜け殻消費量が下がる、という考え方もある
そうするだけで抜け殻消費量(古びたメダル必要数)が最大半分以下にも抑えられる
またホテル数0のやり方をちょっと工夫してみる、という方法もある
各狩場で捕獲する数を1匹から2匹、3匹と増やしたりする方法だ
同じ合成を続けていては飽きてしまうと思われるので、気分転換にこのような合成をはさんでみてもいいかもしれない
この方法のメリットは抜け殻を消費しないことなので、抜け殻を集めるのが面倒になったり、取引相手が見つかるまでのつなぎとしてはこのように合成してみてもいいかもしれない(時間効率は下がると思われ)

抜け殻消費量との兼ね合いも考えて育成を進めていくことが出来れば・・・
出来るようになっている頃にはハコスラの育成は終わっていると思います笑


→ トップページに戻る

チョコットランド 錬成額

今回はチョコットランド錬成額について計算してみました

wikiのデータを基にして作りました
高レベル装備の計算からです

2015y01m26d_224629047.jpg

小数点そのままなのは私の怠慢です
見にくいですが画像をアップし直すのも面倒なのでお許しください

左から順に
成功率
成功するまでの試行回数
成功するまでの強化コア購入cp
成功するまでの保護コア購入cp
強化コア代+保護コア代です

成功したら保護コアが減らないことを最後計算に入れてます

余談ですが、
錬成3→4 の時は コア4よりコア3の方を使った方が約20cp
錬成5→6→7→8 の時も コア4よりコア3を使った方が合計約90cp程度安く済みます
合計110cp程度は安くなりますね笑



次に弱い装備の場合です

2015y01m26d_232923970.jpg

こっちは計算してないので分かりませんが、恐らくそれほどコア4でも3でも変わらないと思います



取引BBSでの相場は高レベル装備で錬成Ⅹの場合相場価格+70~80bです
仮に80bで自分の持っているⅩ装備を売ったとして、その80bでまた強化コアと保護コアを購入して錬成Ⅹに出来るかどうかという計算をしてみると

200cp = 3b (cp代行出す側相場)
300cp = 4b (cp代行求む側相場)

で計算した時、

5561cp = 83b
5561cp = 74b

という計算結果になり、大体そのあたりに落ち着きましたね♪


→ トップページに戻る

ソーサラーの型と育成

この記事ではソーサラーの一般的な型について記載していきます

ソーサラーの特色としては
抜群のバランスの良さです

高い攻撃力を誇り、なおかつ高い防御力を誇ります(IV)
高攻撃といえばサムライですが防御は低いですし、高防御のマモホリは攻撃が出来ません
ニンジャは戦闘に不向きですし、ソーサラーがいかにバランスに優れているかがわかると思います
過密エリアを見ればわかりますが、70レベル以上のプレイヤーのほとんどがソーサラーです
その手軽に得られる強さゆえにみんな使います

またLサラは比較的簡単に作れるので、
高攻撃高防御でただでさえソーサラーが多いのに、ハードルの低いL職としてもソーサラーが多いです
とはいえL職なので最低限ギルティ装備ぐらいは買える程度の課金は必要になります


そして何よりINTを上げるので、魔法防御も高い
ということもあります
魔法攻撃(INT依存攻撃)をしてくる敵も多いですし、これは無視できない大きいメリットになります

相当な課金を覚悟している人でなければ、かつ強くなりたい方ならソーサラーが一番でしょう


INT・VIT型
ソーサラーのもっとも一般的な型です
低課金者以下の方は、ソーサラーのIV型を強くオススメします
無課金者~廃課金者まで幅広く使えるスタンダードな職業です
主にソロで活動する人にオススメです

ステ振り
INT 150
VIT 99

スキル振り
評価 : S > A > B > C

メテバーン ・・・ S
マジマモール ・・・ A
マホジャマー ・・・ A
マジティカル ・・・ A
マダン ・・・ B
魔力の印 ・・・ B

スキルリンク
マホギレネーゼ ・・・ 必須
マモアール ・・・ S
マジエレメン ・・・ A
属性魔法 ・・・ A
マジアターク ・・・ A
マジオーラ ・・・ B
ミナルニーナ ・・・ C
フトスロン ・・・ C




<解説>

ステ振りに関しては、INTを優先するのが基本です
魔法職なので、INTが高ければ高いほど相手に与えるダメージも大きくなります
好みの問題で、VITにある程度振ってもいいと思います
ステ振りでVITを上げるとHPも上がるメリットがあります
特にソロで活動する機会の多い人はVITを優先にしても良いでしょう



スキル振りに関しては、難しいところですが仲間の影響が大きいです
マホジャマーはLv6で止める、というのが暗黙のルールになっている節があります
マホジャマーのレベルが上がると、効果時間とジャマー成功率が上がります
パーティー全員がLv6ならジャマーの効果が切れたとき、みんなでかければ誰かが成功するだろう、という考えで、レベル10まで上げきらなくても良い、という考えが広まっています

またマジマモールに関してですが、パーティーの中で最もINTの高い人がかける、というのが基本です
逆にいえば、自分がマジマモを上げていなくても、ほかの人がマジマモールをかけてくれれば必要ないということです
なので友達と一緒にプレイする場合、友達がマジマモを上げているなら自分は上げる必要はありません

マジティカルに関しては、効果はそれほど高くはないのですが、火力UPにつながります
上げなくてもいいですが、上げておいてもいいスキルです

マダンですが、これはボス戦で使うことはまずありません
ただ技の出が早いので、フィールドで使う場合はとても便利です
属性魔法をリンクするなら必要ありませんが、ビビリスライム1匹1匹をメテバーンで倒すのは時間がかかります
オブジェクトの破壊もできますので、そういった場合に使用します

魔力の印ですが、このスキルは攻撃力も上がりますが、詠唱時間も同じだけ延びます
つまり攻撃力の底上げにはならない、ということです(もちろん硬直時間などを考えると火力UPにはなりますが)
射程距離が延びるため(ついでにSP消費量も減るため)、一概に不要だとは言いませんが、詠唱時間短縮装備を持っている人でなければ不要スキルとなりえます
逆に詠唱時間短縮装備を持っている人はこのスキルが欲しいところです



スキルリンクに関しては、
言わずもがな、といった感じですが「マホギレネーゼ」が必須となっています
マホギレの無いソーサラーは存在しません

同じようなスキルにマホギレネーデスというプリーストのスキルがありますが、こちらは詠唱時間が長く、また効果時間もINTが高い人の場合は短いです
どうしてもメイジで振りたいスキルがあるから~ という場合を除いては、マホギレネーゼのほうをリンクしたほうが良いでしょう

マモアールですが、IVサラならこれも必須といえます
DEF(防御力)が2~3倍ぐらいまで上がります
VITの高い人ならもっとですね、VITが高いほど上昇率が上がります
IVサラならこのスキルは絶対にリンクしたいところです

マジエレメンは属性魔法を上げることが前提です
属性魔法をリンクしない人はリンクする必要はありません


属性魔法はマダンを上げない人はフィールド用に欲しいところです
また、神獄を狙うような人には必須スキルとなります
ソーサラー最大の欠点はメテバーンの火力の低さです
敵単体なら何連打もしてとても強いメテバーンですが、敵が増えると分散してどんどん火力が減っていきます
しかも神獄では周りの敵にダメージを与えてはいけないという場所があるので、まるでソーサラーが使い物になりませんでした
マジエレメンが登場したことで属性魔法の実用性が上がり、今では神獄でもソーサラーが使えるようになっています

マジアタークは、上昇量がそれほど高くありません
確かに強い人が使えばそれなりに攻撃力は上がりますが、中課金者以下だと効果が薄いのであまりオススメしません

マジオーラはあまりリンクしている人がいないゆえに、役立つことがあるかもしれません
こちらもそれほど上昇するわけではありませんが、パーティーに誰もリンクしている人がいなければ生かせるスキルだと思います
マジアタークとどっちを振るか迷うところかもしれませんが、マジアタークは仲間がリンクしている場合が多いので、その点に関していえば裏をかいてマジオーラでいいと思います

ミナルニーナはまず使う場面がありません
回復を制限されたダンジョンなどで主に役立ちます
半分趣味みたいなものですが、場合によっては使える場面も多々あるのでリンクしてもいいと思います

フトスロンも使用はかなり限定的になってしまいます
あれば便利な場面もありますが、無ければ無いでいい、というかほとんどの人がないと思います





LUK型
最低限LUK200は必要になるので、ある程度課金できる人向けです
ギルティ装備によって、Lサラを作るハードルは下がりました


ステ振り
LUK 99~150
INT 99~150


スキル振り スキルリンク
マモアールをリンクしない点以外はIVサラと同じです



<解説>
前提として、目指すLUKは230です
L230で回避率90%になるからです(正確には228?228と230でわずかに回避率が違うというデータもあり)
回避率は90%が最大値です
廃人様はステータスダウン時を考慮にいれて270程度を目指してもいいかもしれません

ステ振りは、出来る限りINTを優先に振った方が良いです
が、最優先事項はLUKを230に調整することです
自分の財力が足りず、装備などがそろわなければステータス振りでLUKを多く振っても大丈夫です

また、逆にお金が有り余っている方なら
ギルティ装備 LUK150振り でほとんどのLUKを稼いでINTアバターで染めて、INTアバティアを装備するという荒業でも良いようです(廃課金者向け)


紙DEFですぐ死んでしまうため、ソロよりもパーティーでの攻略に向いています
どうしようもなく敵の攻撃力が高い場合、IVサラだとどんなにDEFを上げても耐えられないけど、Lサラなら回避してくれるので死なない、というメリットがあります
ある意味、高難易度のダンジョンではLサラのほうがお金がかからずに済む、という見方も出来ますね♪




まとめ

ソーサラーの場合は死なない対策に
高防御 → IVサラ
高回避 → Lサラ
と、このようになってるのでほとんどスキル振りに違いはありません!

どうしても自分で考えて振るのが怖い方は
メテバーンLv10
マホジャマーLv6
マジマモールLv10
と振っておけば大丈夫でしょう

ご閲覧ありがとうございました♪


→ トップページに戻る
→ 各職業 ステ振りスキル振りに戻る

チョコットランド ステ振りスキル振り

wikiは色々な型が載っていますが、種類を多く載せているため、あまり実用性の多くない型まで載っていますよね
1割の人しか使ってないような型と9割の人が使っているような型が同列に扱われています
上級者の場合はそれがわかるかもしれませんが、初心者には難しいですよね
一番確実にキャラクター育成を成功させるには上級者に聞くことが一番です

ここに紹介されている型以外にもありますが、ここで紹介している型が最も一般的で、9割のプレイヤーがこの振り方をしています
特殊な型に挑戦したいと思っている方も、まずはこのスタンダードな振り方をオススメします


1次職に関しては ステ振りなら間違えても大丈夫です
(注:ステ=ステータス POWやINT、VITなどのこと)
最終的には2次職をやることになると思うので、ステをミスっても関係ありません

ただしスキル振りを間違えるのは致命的です
リンクの関係で2次職に影響するからです


というわけで、
1次職のスキル振りを考えるためには2次職をどうしたいかを決める必要があります
そしてスキル振りが決まったら、自ずとステ振りも決まります
まずは2次職でどんな型を目指したいのかを決めましょう♪


2次職



 サムライ
 Pサム ・・・ サムライの基本型 POWを重点的に上げる型です
 Lサム ・・・ 高LUKで敵の攻撃を回避しつつ戦う型です
 PVサム ・・・ 高防御で戦う型です

 ソーサラー
 IVサラ ・・・ ソーサラーの基本型 VITを上げて高防御で戦う型です
 Lサラ ・・・ 高LUKで敵の攻撃を回避しつつ戦う型です

 ホーリーナイト
 マモホリ ・・・ ホーリーナイトの基本型 仲間の補助を目的とした職です
 アタホリ ・・・ 物理攻撃で戦う職です

 ニンジャ
 瞬滅型 ・・・ ニンジャの基本型 一撃必殺スキル「瞬滅刃」を使うことを前提とした職です
 阿修羅型 ・・・ 忍者の特性を活かして物理攻撃で戦う職です
 魔忍者 ・・・ 属性魔法を使って戦う職です

  レンジャー
 ペットシュート型 ・・・ ペットシュートを使い、ペットを投げて戦う型です
 オーダイン型 ・・・ オーダインを使い、主にペットが戦う型です
 コソバーン型 ・・・ ペットと組み合わせて物理攻撃で戦う型です




課金額の目安とリンクです


サムライ ・・・ ファイターLv50 シーフLv30
Pサム  重課金~廃課金
Lサム  廃課金

ソーサラー ・・・ メイジLv50 プリーストLv30
IVサラ 無課金~廃課金
Lサラ 中課金~廃課金

ホーリーナイト ・・・ プリーストLv50 ファイターLv30
アタホリ 中課金~重課金
マモホリ 中課金~廃課金

ニンジャ ・・・ シーフLv50 メイジLv30
瞬滅型 無課金~中課金
阿修羅型 重課金
魔忍者 無課金~中課金

レンジャー ペットライザーLv40 シーフLv20
ペットシュート型 重課金~廃課金
オーダイン型 重課金~廃課金
コソバーン型 重課金~廃課金

→ トップページに戻る

パズドラ 列強化は何個必要か?

属性強化(以下、列強化)の計算式は、前の記事で説明したとおりになります

1 + (作った列の数 × パーティー全体の覚醒数 × 0.1)
倍になります


よくある質問で、
列を作るべきか分割して消すべきか
迷った時の参考になると思います

列強化がない場合は、特殊な場合を除いて迷わず分割して消しましょう



列を作る場合と分割する場合


ドロップ6個の場合
2回に分割して消す時の倍率は
(1 + 1) × 1.25 = 2.5 です

解説 : (3個消し + 3個消し) × 2コンボ

ドロップ12個の場合
4回に分割して消す時の倍率は
4 × 1.75 = 7です

解説 : (3個消し+3個消し+3個消し+3個消し) × 4コンボ


2015y01m25d_194258980.jpg



上記の数値の見方ですが、
ドロップ6個あり、列強化 0個 で 列を1列作った場合
ドロップ6個を2ペアに分けて消した時に比べて
攻撃力が70%になる、ということを意味しています


ドロップが6個で1列作った場合

列強化 0個
  1.75 × 1 × 1 = 1.75
 6個消し × 1コンボ × 列強化倍率

列強化 1個
 1.75 × 1 × 1.1 = 1.925

列強化 2個
 1.75 × 1 × 1.2 = 2.1

列強化 3個
 1.75 × 1 × 1.3 = 2.275


ドロップが12個で2列作った場合

列強化 0個
 (1.75 + 1.75) × 1.25 × 1 = 4.375
(6個消し +6個消し) × 2コンボ × 列強化倍率

列強化 1個
 (1.75 + 1.75) × 1.25 × 1.2 = 5.25

列強化 2個
 (1.75 + 1.75) × 1.25 × 1.4 = 6.215

列強化 3個
 (1.75 + 1.75) × 1.25 × 1.6 = 7



あとはこの数値を分割した数値で割って100倍すれば表の右側の数値になります
例 : 列強化2個の場合
 2.1 ÷ 2.5 = 0.84
 0.84 × 100 = 84 (%)




列強化とコンボ数の関係



1列しか作らない場合、列強化が8個なければ攻撃力が分割を上回ることはない
という結果になりましたが、これはここで考えている主属性以外のドロップを消した時のコンボ数を考えていません


どういうことかといえば、分割した時と列を作ったときの式を比較すると(列強化覚醒数を2個とする)

分割時 : (1 + 1) × 1.25 = 2.5
列時 : 1.75 ×  × 1.2 = 2.1



青文字の部分は、コンボ数です
主属性以外のドロップを消したときにここの数値は変化します

誰にでも分かりやすくするために、少し式を変形してみます

2 × 1.25 = 2.5
2.1 ×  = 2.1


この青い数値の部分は1コンボ増えるごとにどちらも等しく0.25ずつ上昇していきますので
つまりコンボ数を増やせば増やすほど分割時と差が縮んでいく計算になります
極端な話、1と1.25の差は大きいかもしれませんが、100と100.25の差は大したことない、ということです


計算式です

 2 × (1.25 + 0.25a) = b
 1.75 × (1 + 0.25a) × (1 + 0.1c) = d

  b ≦ d のときの a を求める

ちなみにこの計算を頑張りたい人向けですが
文字が4つあるのに対して式が3つなので c には列強化数を代入してから計算します
b=d (3つ目の式)で計算しましょう


さらにいえば、先ほどの1と1.25の差は大きくて、100と100.25の差は小さいといことを利用すれば

 (1.25 + 0.25a) ÷ (1 + 0.25a) = b
 1.75 × (1 + 0.1c) ÷ 2 = d
 b ≦ d

と計算することも出来ますね♪
こうすると、cに代入したらdの数値が出て、dをbに代入すればいいので、流れるように文字が一つだけになっちゃいます
計算は正攻法で解くより、発想を転換させて解く方が簡単な場合が多いですよね♪
もっと正確にいえば上の式はすでに2コンボしているので
 (1 + 0.25 × ( a + 1 )) ÷ (1 + 0.25a) = b
という式なんですけども・・・笑



次は何コンボすれば1列の時でも分割時を超えるかを計算してみた結果です
上記の式はどちらも面倒なのでエクセル様に計算してもらいました

列強化0個の時  → コンボすればするほど、分割との差が開く
列強化1個の時  → コンボすればするほど、分割との差が開く
列強化2個の時  → 他色 16コンボ以上(累計17コンボ) で分割を上回る
列強化3個の時  → 他色 4 コンボ以上 で分割を上回る
列強化4個の時  → 他色 1 コンボ以上 で分割を上回る


という結果に落ち着きました
これは関係ない色のドロップがコンボしたことを前提に計算していますが、
列を作った色のドロップを、列の他にコンボした場合、これより必要コンボ数は下がります
列を作りつつ5コンボするのは難しいと思われますので、列強化3個以下の場合は分割したほうがよさそうです



では2列作ったときはどうでしょうか?

 4 × (1.75 + 0.25a) = b
 3.5 × (1 + 0.2c) × (1 + 0.25a) = d

 b ≦ d のときの a です


列強化0個の時  → コンボすればするほど、分割との差が開く
列強化1個の時  → 他色 56 コンボ以上 で分割を上回る
列強化2個の時  → 他色 10 コンボ以上 で分割を上回る
列強化3個の時  → 他色 4 コンボ以上 で分割を上回る
列強化4個の時  → 他色 2 コンボ以上 で分割を上回る


ということで、列強化数が少ないと2列作った方が損になってしまいます
とはいえ上記は、12個のドロップを3個ずつ4個に分けて消す、という方法との比較ですが

12個のドロップを 6個ずつ2個に分けて消す、 9個と3個で消すといった場合にはこれより必要コンボ数が下回ります



英雄神の場合


本当はめんどくさいのでやめようと思ったのですが、やはり載せることにしました

英雄神を使った場合
ドロップが12個ある場合に9個と3個で消してリーダー倍率の恩恵を受けるべきか
6個と6個で消して列強化の恩恵を受けるべきか



順を追って解説していこうと思います

まず≪9個3個消し≫と≪6個6個消し≫に違いはあるのかということですが

(1+0.25×(9-3))+(1+0.25×(3-3) = 3.5
(1+0.25×(6-3))+(1+0.25×(6-3)) = 3.5

で違いはありません
というのも、どこに付随したかの違いであって、付随したドロップ数が6個であることは変わりないからです
『何回消したか』が重要になってきます
(この場合は2回です
3回なら6個3個3個とかで、その場合4個4個4個でも一緒です)


ではこれを踏まえたうえで

 6個消しの場合は リーダー倍率 3倍 になります
 LF倍率にしたら 9倍 です

それに対して

 9個消しの場合は リーダー倍率 4倍 になります
 LF倍率にしたら 16倍 です

単純に数値を見たら16倍のほうが強いので、9個3個消しの方が今は強いですが、ここから列強化の恩恵分を計算していきます
16倍の場合は列強化の恩恵が一回しか受けられないので

 16 × (1 + 0.1a) = b
 9 × (1 + 0.2a) = c

となります
文字が多くて面倒なので、列強化が1つ増えると二つの式の差がどれだけ縮まるかから求めましょう

 16 × 1.1 = 17.6

ということで、9個3個消しの場合はパーティーの列強化が1つ増えると 1.6倍 倍率が上がります
次に6個6個消しの場合はというと

 9 × 1.2 = 10.8

ということで、6個6個消しの場合はパーティーの列強化が1つ増えると 1.8倍 倍率が上がります
なので、列強化数が1つ増えるたびに 0.2倍 ずつ倍率の差を縮めていきます
もともとあった倍率の差は 16 - 9 = 7 だったので

7 ÷ 0.2 = 35

この35個という数値が意味するところは
パーティー全体の列強化の数が35個あれば、6個6個消しが9個3個消しに並ぶ
ということです
モンスター一匹あたり列6個所持してる計算ですね
サタン12匹分です


以下、検算です
(1+0.1×35)×16=72 
(1+0.2×35)×9=72 


以上より、12個の場合は
英雄神はリーダー倍率を発動させた方が良い
という結果になりました

・・・・・LFで倍率かかるんですし、1.1倍の列なんかと比べたら当たり前といえば当たり前ですけど笑



ドロップ数が7個の場合は
列を作るか
横5個縦2個で並べるか

ですが、この場合だと

12.25×2 = 9×(1+0.1a)×1.75
24.5 = 15.75(1+0.1a)
a = 0.5555・・・

という結果となり、 列強化が6個あれば上回りそうです

以上より、ドロップ数が7個の場合は
列強化5個以下なら、横5+縦2でまとめて消す
列強化6個以上なら、横1列で消す

という結果になりました

英雄神を使うならドロップ数を節約するためにも列5個でも列を作ったほうがいいかもしれませんね笑


ドロップ強化が加わると、また数値が変わってくるんですけどね
全部が強化ドロップになってるなら、列関係なしに9個3個消しのほうが強くなる、などなど

でもとりあえず今日はここまでです
ありがとうございました!


→ トップページに戻る

パズドラ ダメージ計算 実用編

パズル&ドラゴンズのダメージ計算の発展編です
この内容まで理解出来れば、実際に与えるダメージを計算できるようになります

計算式だけでは見えてこない部分を重点的に解説していきます


先に簡単に計算式をイメージしておきますと

モンスター攻撃力 × 同時消し倍率 × ドロップ強化 × 2way

これを同じ色のドロップを複数回消した場合それぞれ計算し、その合計に

× コンボ倍率 × 列強化 × リーダー倍率 × フレンド倍率

と計算して最終結果を出します
エンハンスはおそらく同時消し前後だとは思いますが、最後にかけてください
説明は不要かと思われます
強いて言えば、複数のエンハンス同士の重ね掛けは出来ません





第四章 ドロップ強化



続いては強化ドロップを含む計算です
強化ドロップとは+マークのついたドロップのことを言います
+マークのついたドロップを消すと、通常より少し大きなダメージを与えることが出来ます

123.jpg


強化ドロップの数が1個増える毎に攻撃力が0.06倍ずつ加算されます

数式にすると
1 + (強化ドロップの個数 × 0.06) 倍
となります


この際、計算順序に気を付けてください
以下の手順で求めます




このドロップ強化を計算するには、まず消した回数の攻撃力を書きます
闇属性攻撃力1000のモンスターを仮定すると
上の画像の場合は闇ドロップを2回消しているので、2回攻撃力を書きます

1000
1000

1+強化ドロップの数×0.06 倍がドロップ強化倍率ですので
上の画像の場合、

12個同時消しの方に強化ドロップ2個
10個同時消しの方に強化ドロップ1個

なので、それぞれ 1.12倍と1.06倍ですから

1000 × 1.12
1000 × 1.06

それらを合計して

1120+1060= 2180

となります

以下、以上の計算式から見える、ドロップ強化の性質について説明していきます



何に気を付けなければいけないかというと、
ドロップ強化は同時消しした部分にのみ、倍率がかかります

上の画像で盤面に3個の強化ドロップがあるから、1.18倍になるということではありません
12個同時消しした部分が1.12倍になり、10個同時消しした部分が1.06倍になります


なので、ドロップ強化は分割すれば分割するほど、弱くなります


この感覚を身につけるコツですが、
強化ドロップにポイントをつけます

強化ドロップに、同時消しした個数を記入してください

強化ドロップ1

上の画像の場合、闇ドロップ7個同時消しなので、7ポイントと強化ドロップの上に記入します
7ポイントが3つなので、 21ポイント とします
けっこーテキトーな画像でごめんなさい


強化ドロップ2

上の画像の場合、闇ドロップ12個同時消しなので、12ポイントと強化ドロップの上に記入します
12ポイントが3つなので、 36ポイント とします


ドロップ強化3

上の画像の場合、闇ドロップ12個同時消しなので、12ポイントと強化ドロップの上に記入します
12ポイントが12個なので、 144ポイントとします


ドロップ強化4

上の画像の場合、それぞれ闇ドロップ3個同時消しなので、3ポイントと強化ドロップの上に記入します
3ポイントが12個なので、 36ポイントとします



画像3番目と4番目を比べてみてください
強化ドロップの数も闇ドロップの数も12個で同じなのに、144ポイントと36ポイントの差になりました
このように、強化ドロップは分割すると弱くなります

同じ個数でも結果に影響が出るため、計算の順序が大事だったわけです

ちなみに1ポイント 0.06倍 で計算することが出来ます



第五章 覚醒スキル ドロップ強化



最近、覚醒スキルのドロップ強化に倍率がかかるように上方修正されました
これにより、単純に0.06倍では計算出来なくなりました


ただし計算自体は難しくなく、

1 + パーティー全体の覚醒スキルの数 × 0.05

倍が上乗せされると考えれば大丈夫です

ただ本当にややこしいことに、今度は強化ドロップの個数や同時消しした個数は関係ありません

ドロップ強化5

上の場合でも、下の場合でも
覚醒数×0.05 が乗算されます

さらにいえば、4個以上同時消しの場合も同じく
覚醒数×0.05 が乗算されます



よって、例えば上の画像の上の例なら
パーティー全体にドロップ強化覚醒が3つあると仮定した場合

1000 × 1.06 × 1.15

となります
また同じく、下の例なら強化されたドロップが3つですので

1000 × 1.18 × 1.15

と計算されます






つまり闇ドロップが9個ある中に、強化された闇ドロップが3個あった場合
なおかつ、闇ドロップを3個 3個 3個に分けて消したい場合

強化ドロップを1つ含む3個を3ペア作る
方が攻撃力が高くなる
、ということです

簡単に説明すれば、同時消しした全体にかかるので、強化されていないドロップもこの覚醒スキルの恩恵を受けることが出来るため、このような現象が起こります




第六章 2体攻撃


一般的に 2way と呼ばれる覚醒スキルですね
4個同時消しした時に、攻撃力が上がり2体に攻撃するものです


このスキルを持ったモンスターが4個同時消しを行うと、
攻撃力が 1.5倍 になります


この覚醒スキルを2つもったモンスターなら、 1.5×1.5なので
攻撃力が 2.25倍 になります



これは、4個同時消しした部分にのみ倍率がかかります


例えば4個消しと3個消しを行ったとき
4個消しを行った方にのみ、倍率がかかります


1000 ← こっちは4個消しなので2.25倍 (4個同時消し倍率も掛け合わせます)
1000 ← こっちは3個消しなので倍率はかからない

ということになります(2体攻撃を2つもっているモンスターを仮定しています)

片方しか2.25倍になってないので、全体として見た時に倍率は2.25倍より下がります
4個消しと3個消しの場合は約1.7倍程度にまで倍率が落ち込むはずです
4個3個3個消しの場合は約1.6倍です


2wayを使うなら、なるべく4個で消しましょう




第七章 属性強化



一般的に「列」や「列強化」と言われている覚醒スキルですね
横一列に並べたときに攻撃力が上がる、というものです

作った列の数 × パーティー全体の属性強化の数 × 0.1+1倍

という計算式です

2way2個持ちの2.25倍に比べて、一つ1.1倍って弱すぎない?と思うかもしれませんが、とんでもありません
瞬間火力で言えば、2wayは列強化の足元にも及びません


まず式の中で注目するポイントは
パーティー全体の属性強化の数
という部分です

パーティー全員1つずつ列強化を持っていたとしたら、パーティー全体で6個
つまり、1.6倍にもなります


それでも2wayの2.25倍には及ばないと思われるかもしれませんが、
今度の注目すべき点は
作った列の数
という部分です

つまり2列作れば 1.6倍から2.2倍になります

この時点で2wayとほとんど並んでいますが、
列強化の倍率は、列になっていない部分にまでかかります

2wayは4個同時消しした部分にしかかからなかったので、実際は2.25倍より倍率は下がることが多いです
列強化は全体にかかるため、例えば

6個同時消し(列)
3個同時消し

の両方に倍率がかかるわけです


そしてここからさらに追い打ちですが、最大の違いは
パーティー全員に倍率がかかる
ということです

2wayはその覚醒を持っている一人だけで完結するスキルなのに
列強化は一人持っていれば、それがパーティー全体にかかります



ぴったり18個ドロップがあるときに3列作れますが、もはやそんなことを考える必要もなく列強化の方が強いです



もちろんこれは瞬間火力、つまり「いざ」という時に出せる火力のことなので、道中でも手軽に使える2wayとは一概にどちらが強いとも比べられません



列強化の残念な部分としては、ガチャ限がほとんどなので無課金には敷居が高いということでしょう
ただ、本当にそれだけの強さはある、ということです

ちなみに同時消しした場合は1列としてカウントされるので、この記事の一番上にある画像なら2列だし、下の画像のような花火の場合は1列だけの倍率がかかります

122.jpg



さて、最後に試しに実際に計算してみようと思います
上の画像の花火の後、 木ドロップ3個 闇ドロップ3個 の落ちコンがありました

この時のヴァンパイアデュークの攻撃力を求めてみましょう

私のヴァンパイアデュークの攻撃力は以下の画像の通り 1373

125.jpg



パーティー全体の列強化数は パンドラ1 闇メタ2 半蔵1 ソニア1 で合計5個
パーティー全体のドロップ強化数は デューク1 で1個



闇ドロップを2回消しているので、

  (1) 1373
  (2) 1373

(1)は、闇ドロップ30個同時消しなので

  (1) 1373 × 7.75 = 10640.75
  (2) 1373

(1)は、強化されたドロップが30個あったので

  (1) 10640.75 × 2.8 × 1.05 = 31283.805
  (2) 1373

(1)と(2)を合計して

  31283.8 + 1373 = 32656.8 

コンボ数は3コンボなので

  32656.8 × 1.5 = 48985.2 

列強化数は5個で、花火(1列)なので

  48985 × 1.5 = 73477.5
  
リーダー倍率は 4倍 なので

  73477.5 × 4 = 293910

フレンド倍率は 2.5倍 なので

  293910 × 2.5 = 734775


それではどうだったかというと、実際の画像はこちら

126.jpg

計算結果と実際で数値を比べてみると

734775
734790


うーん・・・ 25だけズレてしまいました
でも限りなく正解に近い答えにはなっています


このズレは 「小数点以下四捨五入」のタイミングにあります
1 × 100 × 1.5 を左から計算すると 150 ですが
1 × 1.5 × 100 を左から計算し、1.5のところで四捨五入して2にして100をかけたら200になります

つまり掛け算でありながら、交換法則が成り立たないのです
計算順序が変わると、最後の結果にわずかに誤差が生じます


自分なりに正解に近い順序ではあると思うのですが・・・
どうか正確な順番が分かる方、教えて下さい!


というわけで、今回の記事はここまでです

これから色々この数値を使って比較などの考察をしていきたいと思っています
そのときまで!



→ トップページに戻る

パズドラ ダメージ計算 基礎編

パズドラのダメージ計算を解説していこうと思います
出来る限り分かりやすく解説したいと思っています

計算方法を知ることで、ダメージを実際に計算できるようになる、というよりは
「何をすればダメージをどれだけ上げることが出来るか」を把握することが出来ます
よく比較される2wayと列のどっちが強いか、という議論も即解決です♪




まずは基礎知識として、

モンスター攻撃力 × 同時消し倍率 
× コンボ倍率 × リーダー倍率 × フレンド倍率


となっています(LリーダーFフレンド倍率については説明しません)
エンハや2way、ドロ強などの説明は、これらの説明を終えた後です
以下、具体的数値で説明していきます




第一章 同時消し



同時消し



同時消しの倍率は 1個増える毎に0.25倍ずつ 増えていきます

3個同時消し  1倍
4個同時消し  1.25倍
5個同時消し  1.5倍
6個同時消し  1.75倍
7個同時消し  2倍
8個同時消し  2.25倍
・・・
30個同時消し  7.75倍 (花火)



よって、

闇属性
攻撃力1000


のモンスターを仮定して
闇ドロップ 5個同時消し したとき

1000× 1.5 = 1500

ダメージを敵全体に与えます(5個以上同時消しで全体攻撃になるため)


数式的に書けば、同時消し倍率は
1 + (同時消し個数-3)×0.25 倍ですね♪




第二章 同じ色のドロップを複数回消した場合



同時消し


この画像の場合、闇ドロップを3回消しているので、まずは攻撃力を3回書きます
また攻撃力1000の闇属性モンスターを仮定します

1000
1000
1000

そしてこれに、先ほどの同時消し倍率を掛け合わせます

1000 × 1.5   (5個同時消し)
1000 × 1.25  (4個同時消し)
1000 × 1     (3個同時消し)

これらを合計して、闇属性攻撃力の完成です

1500 + 1250 + 1000 = 3750




第三章 コンボ倍率



コンボが増える毎に、与えるダメージが増えていきます
5コンボよりも10コンボの方が強くなる、ということです

1コンボ増える毎に0.25倍ずつ増えていきます
同時消し倍率と同じですね♪

1コンボ  1倍
2コンボ  1.25倍
3コンボ  1.5倍
4コンボ  1.75倍
5コンボ  2倍
・・・



ここで先ほどの画像をもう一度

同時消し


このまま落ちコンが無ければ、これは3コンボしますよね?
なのでこの画像の場合は、コンボ倍率は1.5倍です

では、この画像のダメージを実際に計算してみます



まずは闇属性ドロップを3回消しているので、3回攻撃力を書きます
パンドラの攻撃力が1000だったとしましょう

1000
1000
1000

5個同時消し と 4個同時消し と 3個同時消し しているので

1000×1.5
1000×1.25
1000×1

それらを合計して

1500+1250+1000=3750

これにコンボ倍率、この場合3コンボなので1.5を掛け合わせると

3750 × 1.5 = 5625

よって、パンドラは敵全体に5625ダメージを与えます
(5個以上同時消しを一回でも行っていれば攻撃は全体攻撃になります)

この計算を全員に対して行うと、そのターンに与えるダメージが算出出来ます


ちなみにこの画像の場合だと、LFパンドラのリーダースキル発動条件を満たしていないので、リーダー倍率とフレンド倍率は無しです

これで基礎編を終了とします

続いてはドロ強や列などを含む、もっと複雑な計算です
→ 第四章以降
4章ドロ強 5章ドロ強覚醒込 6章2体同時攻撃 7章列強化 


番外編 おまけ


ここからは、計算式をぱっと見ただけでは分からない解説に入ろうと思います

同時消し倍率 と コンボ倍率 が同じ0.25倍ずつですが、どちらを優先すべきでしょう?

同時消し倍率は 同時消しした部分にしかかかりません

5個消し ← 1.5倍
3個消し  
3個消し 

と消した場合、5個消しは1.5倍になりますが、3個消しはそのままです
一方、上記の場合3コンボですが、このコンボ倍率は全体にかかります

5個消し ← 1.5倍
3個消し ← 1.5倍
3個消し ← 1.5倍

同時消しをするか、コンボを作るか迷ったときは「コンボをつくりましょう」




リーダースキルの倍率が高いものがリーダーとして強いわけではない


初心者が陥りやすい罠です
リーダースキルで5倍にもなるホルスは弱くて、たった4倍なのにパンドラは何で強いのか?

これは多色パーティーに当てはまりやすい性質ですが
「瞬間火力が出しにくい」性質があります

すでに説明したように、同じ色のドロップを複数回消した時、消した数だけ攻撃力が上がっていきます
単純な話、闇ドロップを2回消せば、闇属性モンスターの攻撃力が2倍になる
ということです

ホルスパーティーの場合
全属性1匹ずつと仮定しましょう

火 (ホルス)




火 (ホルス)

というパーティーになります
このパーティーで 火1回 水1回 木1回 光1回 闇2回 の6コンボ作ったとします
するとホルスは5属性で5倍なので、単純な話

火 25倍
水 25倍
木 25倍
光 25倍
闇 50倍 (闇ドロップを2回消しているため)
火 25倍

となります(コンボ倍率は考えていない)
一方パンドラパーティー(4倍×4倍)の場合は、パーティー全員闇属性ですから
同じく 火1回 水1回 木1回 光1回 闇2回 の6コンボをしたときに

闇 32倍
闇 32倍
闇 32倍
闇 32倍
闇 32倍
闇 32倍

になります(コンボ倍率は考えていない)
闇を3回消せば、全員48倍になりますね!
3回ということは9個以上ということ
盤面30個で6種類のドロップがあるので、1色5個が平均です
1色変換を使えば、だいたい10個になる、ということです

ホルスでパーティー全員を48倍(50倍)にしようと思ったら、
全属性を2回ずつ消さなくてはなりません

5ターンごと(スキルマ変換)に48倍が軽々出せるパンドラと
50倍を出そうと思ったら全属性を2回ずつ消さなくてはならないホルスとの差です

もちろんのこと、1色変換どころか2色でも3色でも変換すれば60倍にも80倍にもなりますね♪
実際パンドラのリーダースキルの内容を考えるとそんな単純な話ではないのですが笑


この例のように、パーティーを一つの属性でまとめると、
その属性を複数回消したときのパーティー全体の攻撃力の上がり方がとても高くなります

ホルスのような多色パーティーの場合、たとえ闇ドロップを3回消したところで、その恩恵を受けるのはパーティーにいる闇属性、一匹や二匹程度です
「いざ」という時に火力の出しやすさが違います


パーティーの自由度の高さが多色の利点です
足りない火力は各キャラクターのスキルなどで補いましょう

→ トップページに戻る

キャラクタースロットを買おう!

今回は低課金者向けの節約術の紹介です


単純にアイテム所持数だけを比べた場合、
倉庫を購入するよりも、キャラクタースロットを購入する方が安く済みます


倉庫を購入
1000円で 20マス

キャラクタースロットを購入
800円で アイテムバッグ20マス(初期)



新しいキャラクターはアイテムバッグ20マス空っぽのため、新キャラにアイテムを持たせることで新キャラを倉庫の代わりに使うことが出来ます
捨てたくないアイテムが20個あれば、倉庫に預けるより、サブキャラクターに預けようという考え方です
ただ最低限倉庫を持ってなければサブキャラクターにアイテム移動ができないので、倉庫が全く必要ないわけではありませんが



また「アイテムバッグ」はID共通なので

アイテムバッグ
1000円で 10マス


は倉庫よりも2倍高いと思われがちですが、
新キャラクターのアイテムバッグも増えているので


一人目 バッグ+10マス
二人目 バッグ+10マス


で、合計20マス増えることになります


ちなみにキャラクタースロットを3人まで増やすと、1000円でアイテムバッグ10マスを購入したら30マス増える計算になります
つまり、キャラクタースロットを増やせば増やすほど、アイテムバッグを購入した時の増加量が増える計算です



1万円持っているとしたら、

倉庫に全部使う
→ アイテム保管可能数 200マス増加

キャラスロに6400円 アイテムバッグに3000円使う
→ アイテム保管可能数 160+270=430マス増加


と、2倍以上の差になります


また、サブキャラクターは「ペットホテルの代わり」の役割も果たします(重要ペット保管の用途として)
1キャラ増えると、ケージ9マスが空くので、そういうことですね!

それだけでなく、アイテム最大所持数も増えます
というのも、仮に3000個同じアイテムを持っているとします
1キャラクター持てるのは999個まで、倉庫に預けることが出来るのも999個までなので、1002個は捨てることになります

サブキャラクターを1キャラ増やせば、そのキャラクターも999個まで持てるので、捨てるのは3個で済みます



キャラクタースロットを購入すると

→ アイテム所持数が増える
→ アイテムバッグ購入の恩恵が増える
→ ペット所持数が増える
→ アイテム最大所持可能数が増える
(→ 4個以上購入で1時間毎にもらえるボーロ数が1個増える)
(→ 9個購入で、1時間毎にもらえるボーロ数が2個増える)


と、このように倉庫より安くしてより大きなメリットを得ることが出来ます



ただし、めんどくさいです
あのアイテムどのキャラに持たせてたっけ?と思ったとき、わざわざそのアイテムを持っているキャラクターを探す必要があります
「このキャラじゃない、このキャラでもない、このキャラだ!」といったようにです
一方倉庫ならキャラクターチェンジをするまでもなく見つけられます

低課金者は贅沢を言ってはダメです
手間よりもお金を惜しみましょう




トップページに戻る

理屈はいいからどうすれば良いのかだけ知りたい様

長ったらしい文章を読むのが面倒なので、要するにどういうことなのかだけを知りたい方向けです

なお要するにどう合成すればいいのか、さらに具体的な合成は以下のリンクです
→ 効率の良い合成方法



限界突破


限界突破するペットは、特定のレベルで必ず特定のステータスが6以上上がるところがある
そのレベルを事前に調べておいて、そのレベルに達する一つ前のレベルの時にその特定のステータスを合成して合成限界まで上げる

例: ポロシーフは31レベルから40レベルにかけて、POWが8上がる
なので、30レベルの時にPOWを150(合成限界値)まで上げれば良い

注: 合成限界 = ペットのレベル×5


なお、HPとSPに関しては合成限界は ペットのレベル×100
特定のレベルでHP(SP)が101以上上がることが分かった場合、そのレベルの一つ前の段階で合成限界まで育成する

ハコスラの場合は40レベルになった時にステータスが上昇するので、39レベルの段階で合成限界まで合成する

具体的な理屈が知りたい方は
→ 限界突破




効率の良い合成方法


合成した時に上がるステータスが同じ餌は、同時に合成に使わない方が良い
6匹合成素材を選ぶ時に、POW餌を1匹合成するなら、他の5匹はPOW餌以外が望ましい

例: LUKを上げたいので、火炎ヤモリ(LUK餌)を合成する場合

火炎ヤモリ(LUK)1匹
ゴーリム(POW HP)1匹
アニマ(SP)1匹
テツナメクジ(VIT)1匹
キーウィ(SPD)1匹
レッドゼリー(INT)1匹

と、LUK以外の餌5匹で合成するといい
ゴーリムアニマテツナメクジキーウィレッドゼリーのうちの1匹を火炎ヤモリや、あるいは同じLUK餌であるスカルトンなどに変えると、効率が下がる
LUK以外のステータスでも同じことが言えるので、上記の例は理想的な合成である

しかし、マッドフロッグなどの特別なペットの場合は、6匹同じもので合成した方が良い場合もある
基本的に成功率の高いペットは、6匹同じもの同士で合成する
成功率の高いペットでも、餌のレベルが低いならば分割して合成した方が良い
レベル上限を上げる目的であれば、餌のレベルは関係ないので、マッドフロッグは6匹同時に合成しても良い


具体的な理屈が知りたい方は
→ 合成減算


なお、ペットホテルがない場合は捕獲率を上げるよりも主人公の移動速度を上げた方が効率が上がる可能性がある



ハコスラを育成するのがめんどくさすぎて死ぬ人


SP INT SPD LUK
に関しては完璧に育成しなくても大丈夫!
※ SスノーハコスラやSSハコスラはLUKまで育成する必要がある

SPはレンジャーをやるか、スキルを覚えさせない限り必要ない
INTはINT依存ダメージが最大で334だったと思うので、これ以上強い敵が今後でなければ、あるいはレンジャーでペットシュートをやるのではなければ、50程度まで育成すれば十分
SPDは、攻撃速度には関係ないので(カンスト値が低い)、移動速度に若干影響でるが、キャラクターの移動速度を超えることはないため実質無意味






→ トップページに戻る

チョコットランド ポロ系課金ペットの合成 ヴァーミリオーガ

ハコスラを育成するために、ポロ系課金ペットを何匹買えばいいかという質問をよく受けます
今回はそれについての回答をいたします


まず合成の仕方ですが
『ポロ系のペットは少なくとも4匹以上合成しましょう』

例: ポロシーフLv30 4匹  ビビリスライム1匹 Fドラゴンの抜け殻1匹

ポロ4匹以上で成功率90%になります
5匹以上で100%になるので、出来ることなら5匹以上が望ましいです

ボスペット系やマッドフロッグなどと組み合わせることで、4匹でも成功率が100%になります


成功率は単体成功率に加えて3匹目以降、5%追加されます
例: ビビりスライム6匹合成の場合
通常ペットの単体成功率は5%なので

ビビリスライム  5%
ビビリスライム  5%
ビビリスライム  5%+5%
ビビリスライム  5%+5%
ビビリスライム  5%+5%
ビビリスライム  5%+5%

合計50%

なお、ポロ系の単体成功率は15%
マッドフロッグの単体成功率は10%です


基礎知識として、ペットを1匹30レベルまで上げるには 1060ボーロ 必要です
おおよそ5bの計算です


Lv30ポロシーフ1匹でどれだけステータスが上昇するのかと言うと

POW 8~9
INT 13
SPD 11~12
LUK 11~12

+純ATK +純DEF +スタミナ


Lv30ポロプリースト1匹でどれだけステータスが上昇するのかと言うと

HP 121~122
SP 195
INT 22
VIT 22

+純DEF +スタミナ


Lv30ポロファイター1匹でどれだけステータスが上昇するのかというと

HP 118
POW 20
VIT 11~12

+純ATK +スタミナ


ぶっちゃけ、これを見る限りだとポロファイター購入の必要はなさそうです


ハコスラ(Lv39)に合成する場合、目指すステータスは195です
HPとSPに関しては3900です


SPDとLUKはポロシーフで上げることになるため、

Lv30のポロシーフ17匹で SPDとLUKが195(195.5)になります
17匹のポロシを購入するのに 600×17 = 1万200cp
17匹のポロシを30まで育成するのに 5b×17+@ = 90b = 9000cp
SPD&LUK合計 1万9200cp

この時点でINTはカンストしています
また、POWは145前後上昇しています


Lv30ポロプリースト9匹で、VITが195(198)になります
9匹のポロプリを購入するのに 600×9 = 5400
9匹のポロプリを30まで育成するのに 5b×9+@ = 48b = 4800cp
VIT合計 1万200cp

VITをポロプリで195まで上げるとき
HP 1095前後
SP 1758前後
(初期ステに多少影響)上昇します
また、ポロプリだけでもこれだけでINTもカンストします

念を押しますが、ポロ系5匹以上で合成した時の話です
そもそも合成に成功しなければ1も上がりません
ポロ4匹+通常2匹の合成成功率90%だとしたら、6匹中1匹失敗するかしないかの確率です
ポロ4匹で合成するなら、出来ることなら通常ペットではなくボスぺなど成功率が少し高いペットを使いましょう



最後にポロファイターですが、VITはポロプリーストで上げた方が良いため、
HPとPOWに関してはヴァーミリオーガの方が良いと思われます

以下、ヴァーミリオーガの初期ステをHP110 POW9と仮定して計算します
(初期ステ次第では1程度数値がズレる可能性あり)

2015y01m23d_162010532.jpg

以上の表の見方ですが

HP、POWに関しては
例えば7レベルのところを見ると
HP131 POW8
と書いてあります

これは、ヴァーミリオーガを7レベルにして合成に成功した時に
ハコスラのHPが131 POWが8 上がることを表しています

そしてその隣のボーロ数はヴァーミリオーガを7レベルにするのに必要なボーロ個数です
なので1bあれば200個です


最後に右の列ですが、これはHPを1000上げるのに必要になるヴァーミリオーガ数です
例えば 13レベルのところを見ると、個体数は4となっています
これは 13レベルのヴァーミリオーガ4匹合成成功すると HPが1000上がる ことを意味しています
そしてその右の列は 13レベルのヴァーミリオーガ4匹を作るのに必要なボーロ数です
ハコスラの狙うべきHPは3900ですので、だいたいこれを4倍すればいい計算になります
このブログは一応ポロ系ペットと組み合わせることをメインにしているため、ポロプリーストでのHP上昇量を加味しやすいようにHP1000上昇という条件にしてみました


ただし、このヴァーミリオーガ表で注意しなければならないことは
ヴァーミリオーガの成功率が100%ではないこと です
ヴァーミリオーガ6体同時合成での成功率は74%(多分)です
1匹の単体成功率9%として仮定しています

なので、実際の上昇量は確率通りに言えば 4分の3 (75%と考える)となります
以下の表は以上の表のヴァーミリオーガ必要数を3分の4にしたものです
ポロ系ペットと合成させる人でなければ(ヴァーミリオーガ6匹同時合成を計画している方なら)、こちらの表を参考にした方が良いかもしれません
参考程度にしかなりませんが、ある程度の目安にはなると思います

2015y01m23d_171451308.jpg

参照した場所を間違えて数値が間違ってたらすいませんです(作業途中にあったので・・・)
成功率のばらつきもあるため、
「何匹必要なんだ!」というよりは
おおよそ何匹ぐらい 必要なんだ!」

という見方をしていただけると助かります
実際に私の知り合いはヴァミ6匹合成で1匹しか成功しなかった奇跡を起こしています

HP2000上げたい方はHP1000の数値を倍に
HP3500上げたい方はHP2500の数値とHP1000の数値を足してください
HP2500上げたい方はそのまんまです


以上が今回の記事になります
皆様、ハコスラ育成頑張ってください!


→ トップページに戻る

チョコットランド ペット合成の罠 ~合成減算~

このブログを見ている皆さんには、育てたいペットがいると思います
果たして、捕まえてきた餌を合成したら、どれだけ強くなるかご存じですか?
餌となるペットのレベルを上げた場合、レベルを上げた意味がどれだけあったのでしょうか?


そして、ペット合成において、やってはいけないルールをご存じでしょうか・・・?
ある人は10匹捕まえて合成をして、ある人は150匹捕まえて合成をしたのに、合成の方法を知らなければ、10匹捕まえた人の方がステータスが高くなる


今回はそれらの解説をしていきたいと思います





第一章 合成成功率


みなさん、合成を行う時は6匹同時に合成していると思います
そしてご存じのとおり、通常のペットを6匹同時に合成した際の成功率は50%です

ここで問題です
この成功率50%とは、次のどちらを意味しているでしょうか?



(1) 50%の確率で6匹全員が成功、または失敗
(2) 1匹1匹の成功率が50%



これは非常に重要なことで、答えから言えば(2)が正解です


例えば、ハコスラにゴーリムを6匹合成した場合

ゴーリム1  成功!
ゴーリム2  成功!
ゴーリム3  成功!
ゴーリム4  失敗…
ゴーリム5  成功!
ゴーリム6  失敗…


というように、1匹1匹成否判定がされます
50%の確率で「全員が成功!」または「全員が失敗…」というわけではありません!

ある時には6匹中1匹しか成功しないこともあるだろうし、またある時には4匹成功するかもしれません
運が良ければ全員成功するし、運が悪ければ全員失敗します


では5匹合成の場合はどうでしょう?
成功率40%にまで下がりますから、5匹それぞれの成功率が40%になります

6匹合成の場合、成功率50%の餌が6匹なので、単純計算で成功率300%
5匹合成の場合、成功率40%の餌が5匹なので、単純計算で成功率200%

そのたった1匹の差が、成功率を1.5倍変えるのです!
4匹なら30%まで落ち込むので、120%・・・

5匹以下での合成は6匹合成にはるかに及びません
どんな状況下でも、6匹での合成は必須です!



第二章 合成成功時のステータス上昇量



さて、ここからは合成に成功したら、どれだけステータスが上昇するかの話に移ります

ここにHP1のハコスラがいます
このハコスラに、アクエリアで捕獲してきたHP100のゴーリムを合成して、成功したら、ハコスラのHPはどれだけ上がるでしょうか?


答えは、餌となるペットのステータスの10分の1が加算される
つまりこの場合なら、ゴーリムのHPは100ですから、ハコスラのHPは10上がります

つまりはハコスラのHPが11になる、ということですね

先ほどの成功率の話と絡み合わせてみましょう

HP100のゴーリム6匹を合成して、4匹成功した場合を仮定します
つまりは
ゴーリム1  成功!
ゴーリム2  成功!
ゴーリム3  成功!
ゴーリム4  失敗…
ゴーリム5  成功!
ゴーリム6  失敗…
この場合、ハコスラのHPはいくつ上がるでしょうか?

いうまでもなく、答えは40です
念のため解説しておきますと、1匹成功すると10上がる
4匹成功したから40上がる、ということです


もちろん3匹成功した場合は30上がります


ですが、10分の1上がるのは分かったものの、小数点以下はどうなるのでしょうか?
例えば、HP84のゴーリムを合成した場合は、ハコスラのHPはいくつ上がるのでしょう?


答えは「小数点以下は切り上げ」
よって、ゴーリムHP84が成功した場合はHP9上がります



しかし、ここで注意しなければならないのは、これが複数匹の場合です

ゴーリムHP84の個体が6匹いて、なおかつ4匹成功した時は、ハコスラのHPはいくつ上昇するでしょう?
9×4 = 36 でしょうか??

答えは、34です

小数点以下切り上げされるのは、各個体のHPが合計された後です
つまり、84×4 = 336
336÷10 = 33.6
小数点以下切り上げて 34 です



さりげなく今の赤文字が合成の効率を決める超重要ポイントになりうるのですが、話を進めましょう


アクエリアで捕獲したゴーリム(木属性)は、合成に成功するとHPとPOWが上がります
今度はHPではなく、POWに焦点を当ててみましょう


捕獲時のゴーリムのPOWを7として、6匹合成したとき

1匹成功すると、POW合計は7、10分の1なので0.7、小数点以下切り上げてPOW1上昇
2匹成功すると、POW合計は14、10分の1なので1.4、小数点以下切り上げてPOW2上昇
3匹成功すると、POW合計は21、10分の1なので2.1、小数点以下切り上げてPOW3上昇
4匹成功すると、POW合計は28、10分の1なので2.8、小数点以下切り上げてPOW3上昇


なんとここで衝撃的なことが起こりました

6匹中3匹成功した時に、ハコスラのPOWが3上がる
6匹中4匹成功した時も、ハコスラのPOWが3上がる



なんと合成に成功したのに1匹無駄になってしまったようです


次にSPD餌である「桜子鬼」の場合を見てみます
桜子鬼の捕獲時のSPDは3ですから、

SPD3の桜子鬼の6匹合成を行ったとき、

1匹成功すると、SPD合計は3、10分の1なので0.3、小数点以下切り上げてSPD1上昇
2匹成功すると、SPD合計は6、10分の1なので0.6、小数点以下切り上げてSPD1上昇
3匹成功すると、SPD合計は9、10分の1なので0.9、小数点以下切り上げてSPD1上昇
4匹成功すると、SPD合計は12、10分の1なので1.2、小数点以下切り上げてSPD2上昇

なんと4匹成功するまでは、6匹中1匹成功でも2匹成功でも3匹成功でも関係なく、SPD1しか上昇しません

しかもこれでもまだマシな方です


最後に、成功率が悪いと言われるLUK餌「火炎ヤモリ」
こいつの捕獲時のLUKは1です

この火炎ヤモリを6匹合成したとき

1匹成功すると、LUK合計1、10分の1なので0.1、小数点以下切り上げてLUK1上昇
2匹成功すると、LUK合計2、10分の1なので0.2、小数点以下切り上げでLUK1上昇
3匹成功すると、LUK合計3、10分の1なので0.3、小数点以下切り上げでLUK1上昇
4匹成功すると、LUK合計4、10分の1なので0.4、小数点以下切り上げでLUK1上昇
5匹成功すると、LUK合計5、10分の1なので0.5、小数点以下切り上げでLUK1上昇
6匹成功すると、LUK合計6、10分の1なので0.6、小数点以下切り上げでLUK1上昇

悲劇です
1匹成功しても、6匹全部成功しても、LUKは1しか上昇しません
後に説明する減算というシステムの説明も加わると、この方法でLUKを上げている方がいたらご愁傷様と声をかけてあげたくなるほど、効率は私が思いつく限り、理論上最悪です


「火炎ヤモリを合成するとLUKが上がる
だからたくさん火炎ヤモリを捕まえて合成するんだ」
初心者が陥りやすい罠です
やみくもに合成すればよい、というわけではありません
もちろん効率が悪いというだけで、弱くなるわけではないので構わないと言えば構わないのですが、周りが10匹捕まえてステータスをさくさく上げているところ、自分は100匹捕まえてもステータスがさっぱり上がらない、なんてことになるわけです

しかしながらどんなに効率が悪くとも、何も合成しなければゼロですから、ずっとマシです
逆にどんなに効率を知ろうとも、合成をしない人にハコスラを完成させることは出来ません



さて、それではどのように合成するのが正解なのでしょうか?
散々効率が悪い悪いと言っておきながら、効率の良い方法なんかありません!なんて結論じゃ誰も納得しないわけです
そもそも相対的な話なのでそんな議論も成り立ちませんが・・・


それでは火炎ヤモリの例に戻りましょう
6匹中奇跡的な確率(64分の1)で6匹とも成功したのだから、LUK1上昇なんて悲しすぎます

結論から言えば、火炎ヤモリを6匹同時に合成しなければ良いのです

火炎ヤモリ1匹と、先ほどのHP84でPOW7のゴーリム5匹で合成したらどうなるでしょう

火炎ヤモリ 成功!
ゴーリム  成功!
ゴーリム  失敗…
ゴーリム  失敗…
ゴーリム  成功!
ゴーリム  失敗…

このパターンの場合、ハコスラに合成したら、ハコスラはどれだけステが上昇するでしょうか

火炎ヤモリの成功により、LUK1上昇
ゴーリムは2匹成功しているので、HP17上昇 POW2上昇


です

では、この合成を6回行った場合はどうでしょうか?
奇跡的に、全く同じ結果だったとします

すると、
火炎ヤモリは6匹成功して、LUK6上昇
ゴーリムは12匹成功して、HP102上昇 POW12上昇


ゴーリムの部分が邪魔かもしれませんが、火炎ヤモリに注目してください


火炎ヤモリを6匹同時に合成したときは、
火炎ヤモリ6匹消費して、6匹成功して、LUK上昇量は1でした

しかし火炎ヤモリ1匹ゴーリム5匹で6回合成したときは、
火炎ヤモリ6匹消費して、6匹成功して、LUK上昇量が6です


火炎ヤモリ消費数(捕獲数)、成功数は同じなのに、同時に合成する餌を変えるだけで、実に6倍もの差になりました


これは相手がゴーリムでなくても良いのです
つまり、火炎ヤモリ以外であればなんだって良いのです

LUKを上げたいなら、火炎ヤモリ1匹と、火炎ヤモリ以外5匹を合成することで、より効率良くLUKを上げることが出来ます
より正確に言えば、LUKを上げたいなら、LUK餌1匹と、LUK以外餌5匹を合成することで、より効率よくLUKを上げることが出来ます

よって、同じLUK餌のスカルトンと火炎ヤモリを同時に合成することは効率を下げる結果になります


どうせ火炎ヤモリはLUK1
2匹成功しても3匹成功しても0.2や0.3になるだけ
小数点以下切り上げすれば、0.1も0.2も0.3も1になります
ならば0.1を切り上げた方が賢いではないか、ということですね

分かりやすく言えば、捕まえてきたヤモリ6匹を無駄なく使うには、ヤモリ6匹同時に合成するより、ヤモリ1匹とその他5匹合成を6回繰り返した方が良い、です


でもそうすると困ったことが発生します
火炎ヤモリ6匹捕まえてきたとして、これを6回に分けて1匹ずつ合成したい

そのためには火炎ヤモリ以外の餌が30匹必要になります
ヤモリ1匹に対して、その他5匹必要になるわけですから、そういう理屈ですよね

既に6匹は火炎ヤモリでケージは埋まっているし、そもそも育てたいペットも所持しているし、そうなるとケージ9マスのうち、もう残り2マスしか空いてません
残り2マスで30匹も収納することが出来るわけがなく、ケージだけでは不可能であることが分かります


そこで必要になるのがペットホテルです
合成の効率を求めるには、ペットホテルが必要不可欠です


今後説明するFドラゴンの抜け殻を考慮にいれても、最低でも10マスは必要になります
ホテル無しにハコスラを完成させようものなら、私はその人を偉人と呼びましょう
(実はその条件下で完成させた人がいないことはないのですが、育成の手間がはるかにかかることは間違いありません)

ケージ9マス買えた人なら、ホテル10マスでも買えるでしょう
ざっと概算しても、ホテル10マスと無しでは効率に3倍の差があります
3倍時間がかかるということです


Fドラゴンの抜け殻 というペットがいます
これはペットショップの奥にいるフェアリードラゴンと古びたメダル50枚に対して30個と交換出来る、抜け殻エッグというアイテムを使用することで、その場ですぐに手に入ります
このペットを合成に使って成功しても、何のステータスも上がりません

これが何の役に立つのかというと、分割して合成したいときに役立ちます

火炎ヤモリを9匹捕まえてきたは良いものの、その他45匹はどうしよう・・・
という時に、その他の部分を埋める餌として使えるわけです

ヤモリ6匹同時合成で、6匹全部成功しても、LUK上昇値1
ヤモリ1匹とFドラゴンの抜け殻5匹で、6回合成して、6匹全部成功すれば、LUK上昇値6


9匹捕まえてきたら、8匹をホテルに預けて、抜け殻エッグを使って抜け殻を量産し、1匹ずつ合成すると効率良く合成が出来るわけです


ちなみに超重要事項ですが、話をややこしくすると、LUK以外でも同じことが言えます
桜子鬼は6匹同時合成して、6匹全部成功しても、SPD2しか上がりませんが、
桜子鬼1匹とFドラゴンの抜け殻5匹の合成を6回行い、6匹全部成功した場合、SPD6上がります
つまりSPD餌1匹とSPD以外餌5匹ですね


POWを効率良く上げるには
POW餌1匹とPOW以外餌5匹の合成

INTを効率良く上げるには
INT餌1匹とINT以外餌5匹の合成

SPDを効率よく上げるには
SPD餌1匹とSPD以外餌5匹の合成

VITを効率よく上げるには
VIT餌1匹とVIT以外餌5匹の合成

LUKを効率よく上げるには
LUK餌1匹とLUK以外餌5匹の合成

HPを効率よく上げるには
HP餌1匹とHP以外餌5匹の合成


つまり、究極的な理想の合成方法は

「POW餌1匹」
「INT餌1匹」
「SPD餌1匹」
「VIT餌1匹」
「LUK餌1匹」
「HP餌1匹」

という6匹合成が理想となるわけですね
より理想をいえば、POWHP餌1匹とSP餌1匹の方が理想ですが、SPとSPDがややこしくなるため、私はSPを説明に使いません
ただ、こんな合成を目指そうとするとホテル50マスは必要になってしまいます
足りない分をFドラゴンの抜け殻で補いましょう


話はもう終盤ではありますが、まだ終わりではありません
次が最終章にして、最悪のシステム「減算」です



第三章 合成減算




6匹中、複数匹合成に成功した

なのに合成に失敗した


こんなことが起こりえます


「合成に失敗した個体は50%の確率でステータス上昇量を1下げる」

50%という数値はひとまず置いといて、分かりやすく説明しましょう


ハスノハナというペットは、POW餌です
ここにPOW10のハスノハナがいるとします

このハスノハナを6匹同時合成しました
結果は以下の通り

ハスノハナ1 成功!
ハスノハナ2 失敗…
ハスノハナ3 成功!
ハスノハナ4 失敗…
ハスノハナ5 失敗…
ハスノハナ6 失敗…


さてこの場合、強化したいペットのPOWはいくつ上がるでしょうか?
成功した匹数が 2匹 なので
合計してPOW20  10分の1で2
よって、POW2上昇

今までのルールを当てはめると、それで正解でした

しかし、実際はこのパターンの場合
合成に失敗します


失敗した匹数が4匹です
4匹失敗すると、上昇量が-4される、というシステムが合成減算です
失敗した匹数だけ、本来上昇するはずだった値から-されます

合成によってステータスが下がるということはありませんが、どちらにしても2匹成功したのにPOWは1も上がりませんでした


実際は先に述べた通り、失敗した個体は50%の確率で減算の対象になるので、失敗したら必ず減算が発生するというわけではありません
しかし4匹失敗しているのだから、50%と考えると標準で2匹減算です
確率通りになれば、2匹成功の場合はやっぱり合成失敗します
失敗した個体数が4匹でも、運が良ければ4匹とも減算しない可能性もあります(16分の1)




そこで、最後に減算システムを考慮した悲劇の火炎ヤモリ6匹同時合成を見てみましょう

火炎ヤモリが何匹成功しようとも、LUK上昇量は1
それに対して、たった1匹でも減算が発生すれば合成失敗

減算が一度も起こらない確率は4分の3の6乗だから
4096分の729
成功率は約18%
合成5回に1回成功すると考えると、LUK1上げるのにヤモリ必要数30匹


ヤモリ10匹を1匹ずつ10回に分けて合成すれば、確率通りでLUK5上昇
ヤモリを6匹合成してLUKを5上げようとすれば、確率通りで150匹以上必要になる


減算を防ぐためにも
『 上げたいステータス餌1匹、そのステータス以外餌5匹 』
この合成のルールを守りましょう


そしてそれにはホテルがあればあるだけ楽です



最後にオススメ餌ですが

HPPOW餌
ゴーリム木(アクエリア)  火ポココ(カミガモリ)

SP餌
アニマ アニマケルブ (エルシオン)

INT餌
レッドゼリー(ヴォルケ) フェアリードラゴン(グランガン)

SPD餌
キーウィ(グランガン)

VIT餌
テツナメクジ(グランガン)

LUK餌
火炎ヤモリ(ヴォルケ) スカルトン(レイコール)



今回も長文にお付き合いいただき、ありがとうございました♪


→ トップページに戻る

チョコットランド・攻略ブログ
↑ブログを広めるためにも、もし私の力がお役に立てたなら、感謝の数だけこちらをクリックしていただければありがたく思います♪

チョコットランド 限界突破が理解できない人へ

この記事は
『チョコットランド ペットの限界突破』
について、極限まで分かりやすく説明するブログです
どのサイトを見ても分からなかった方、このサイトを見れば分かるようになるはずです!

yahoo!知恵袋の知恵ノートからこちらに移転しました
皆様今後ともよろしくお願いします




第一章 ペットの合成限界とは


限界突破を理解するためにはまず合成限界について理解する必要があります


チョコットランドのペットには合成限界というものが存在します
それは一体何なのかと言いますと、
それ以上合成してもステータスが上がらない状態
のことを言います

ペットは合成すればするほどにステータスが上がります
10回合成すれば、それだけ強くなるし
100回合成すれば、もっと強くなります
合成は何回でも、1億回でも2億回でも無限に出来ます
また合成して弱くなることはないので、合成すればしただけ強くなります


しかしながら1億回、2億回合成すればステータスが1億にも2億にもなるのかと言えばそういうわけではなく、合成限界と呼ばれる、これ以上合成してもステータスが上がらない限界があります


合成限界に達したペットは、それ以上いくら合成してもそのステータスが上がることはありません
必ず合成に失敗します


では、どれほど合成したら合成限界に達するのでしょうか?


PISVL合成限界 = ペットのレベル×5
HPSP合成限界 = ペットのレベル×100

これが合成限界の値で、これは全てのペット共通の数値です
PISVLとは『POW』『INT』『SPD』『VIT』『LUK』のことで
HPSPとは『HP』と『SP』のことです




具体的に説明すると、
例えばビビリスライムLv30が1匹いたとします

このビビリスライムLv30にひたすら合成し続けると、最終的にステータスが

HP  3000
SP  3000
POW 150
INT  150
SPD  150
VIT  150
LUK  150

というステータスになり、さらに合成してもこれ以上ステータスが上がることはありません
これ以上いくら合成しても「合成に失敗しました」と表示されるだけです

なぜHPとSPは3000でPISVLは150なのかと言うと、
このビビリスライムはレベル30なので、先ほどの合成限界の式に当てはめると

PISVL合成限界 = レベル30 × 5 = 150
HPSP合成限界 = レベル30 ×100 = 3000


となるからです

この数値に達した後に、LUKを上げるために火炎ヤモリをひたすら合成し続けても失敗し続け、LUK150を超えることはありません


この数値は先ほど言ったように、全てのペットに共通の数値ですので
チョコットリLv30でも、ポロシーフLv30でも、ハコスラLv30でも、みんな一緒で
HP  3000
SP  3000
POW 150
INT  150
SPD  150
VIT  150
LUK  150
で、これ以上合成によってステータスを上げることが出来なくなります
最大攻撃速度は違うので、ステータスが同じなら一概に同じ強さだとは言えませんが、限界突破しないペットは合成限界まで育成すればみな同じステータスになります


もちろんのこと、ビビリスライムを30レベルから1レベル上げて31レベルにしたならば、
HP  3100
SP  3100
POW 155
INT  155
SPD  155
VIT  155
LUK  155
まで、合成によって上げることが出来るようになります
そのペットのレベル×5(または×100)が合成限界なので、ペットのレベルを上げれば合成限界の値も上がる、ということです


また、この数値は各ステータスごとの数値なので、
例えばビビリスライムLv30のステータスが

POW 150
INT  90
SPD 120
VIT  100
LUK  100

だった場合、POWが合成限界に達しているのでもうこれ以上ステータスは上がらない、ということではなく
INTとSPDとVITとLUKはまだ150に達していないので、150まで上げることが出来ます
POWに関してのみ、合成限界に達しているので、レベルを上げない限り、もうPOWを上げることは出来ません



以上がペットの限界突破を理解するうえでの基礎知識となります




第二章 ペットの限界突破


いよいよ本題に入りました
ペットの限界突破についてです


ペットのステータスを上げる方法は、2種類あります

1:合成
2:レベルアップ


の2種類です
(他にはアバターやペトステ、という方法もありますが、ここでは関係ありません)


それぞれのペットはレベルが上がるとステータスが上がりますが、
全てのペットはレベルが上がった時に上がるステータスの量は決まっています


これはどういうことかと言うと、
例えばビビリスライムは1~30レベルの間、1レベル上がるごとにPOWが1ずつ上がります

つまり100匹ビビリスライムを捕まえてきたとして
その100匹全てが、1レベル上がるごとにPOWが1ずつ上がります

あるビビリスライムは21レベルになった時にPOWが5上がって
あるビビリスライムは13レベルになった時にPOWが3上がって
などということは起こりえません
必ず、全てのビビリスライムがPOW1ずつ上がっていきます


例えば『シーフラウア』というペットは
2レベルから10レベルまでPOWが1ずつ上がり
11レベルから24レベルまではPOWが3ずつ上がり
25レベルから30レベルまではPOWが10ずつ上がります



ペットによって、何レベルでいくつステータスが上がるかは決まっています
(ここではあまり触れませんが、例外として複数のパターンがあるペットもいます)



さて、勘の鋭い人は気づいたかもしれません
実はPOW10上がる、というところがここでの重要ポイントです


では、シーフラウアAとシーフラウアBの2匹を使ってこんな実験を仮定してみましょう
前提として、シーフラウアAとBは同じ成長をし、捕まえたときのステータスも同じだったとします
捕まえたときのPOWを1だったと仮定してみましょう


(1) シーフラウアAは、30レベルの時に合成限界まで合成をする
(2) シーフラウアBは、24レベルの時に合成限界まで合成をして、30レベルにする



そうするとシーフラウアLv30が2匹完成するはずですが、果たして何かが変わるのでしょうか?
実験を開始してみましょう


<実験1> シーフラウアA

シーフラウアはLv2~10まではPOW1ずつ上がり
Lv11~24まではPOWが3ずつ上がり
Lv25~30まではPOWが10ずつ上がるので

Lv1  POW1
Lv2  POW2
Lv3  POW3
Lv4  POW4
Lv5  POW5
Lv6  POW6
Lv7  POW7
Lv8  POW8
Lv9  POW9
Lv10 POW10

Lv11 POW13
Lv12 POW16
Lv13 POW19
Lv14 POW22
Lv15 POW25
Lv16 POW28
Lv17 POW31
Lv18 POW34
Lv19 POW37
Lv20 POW40
Lv21 POW43
Lv22 POW46
Lv23 POW49
Lv24 POW52

Lv25 POW62
Lv26 POW72
Lv27 POW82
Lv28 POW92
Lv29 POW102
Lv30 POW112



と、このようになります
ここまでは理解できましたでしょうか?


ではシーフラウアAが30レベルになったので、早速合成を始めましょう
ここから合成限界まで合成すると、POWの数値がいくつになるか分かるでしょうか?


シーフラウアAは現在Lv30なので、合成限界はペットのレベル×5なので、150までですよね?
現在POWは112なので、150まであとPOW38だけ、合成によって上げることが出来ます


最終的にシーフラウアAレベル30のステータスは
POW 150になりました
この150という数値を覚えておいてください



<実験2> シーフラウアB

ここで、もう一匹実験を行います
先ほどは30レベルにしてから合成を始めましたが、今度は24レベルの時点で合成してみましょう

Lv1  POW1
Lv2  POW2
Lv3  POW3

(中略)

Lv22 POW46
Lv23 POW49
Lv24 POW52



ここまでは先ほどのシーフラウアAと同じ数値ですよね?

変わってくるのはここからです
ここで、シーフラウアBは合成を開始
合成限界まで合成したとしましょう


24レベルの合成限界は
24×5 = 120
よって、現在POW52ですから、POW120まで68、合成でPOWを上げたとしましょう

すると、シーフラウアBのステータスは

Lv24 POW120

となります

しつこいようですが、全てのシーフラウアは25レベルから30レベルの間にPOWが10ずつ上昇します
このシーフラウアBを30レベルまで上げてみましょう


Lv24 POW120

Lv25 POW130
Lv26 POW140
Lv27 POW150
Lv28 POW160
Lv29 POW170
Lv30 POW180



この数値を見てお気づきでしょうか?
シーフラウアAはレベル30でPOW150でした
しかし、シーフラウアBはレベル30でPOW180まで上がりました



同じ合成限界まで合成したにも関わらず、最終的なステータスに差が出ました
違いは合成限界まで育てたタイミングです
片方(A)はLv30まで育ててから合成限界まで合成した
片方(B)はLv24の時に合成限界まで合成した
この違いが最終的なステータスに差を生んだのです



合成によってステータスを上げる場合、合成限界以上の数値に上げることは出来ません
30レベルの時にいくら合成をしても150以上にステータスを上げることは出来ません
しかしながら、レベルアップによってなら、合成限界以上の数値に上げることが出来ます
合成限界の数値を突破しているので、これが『限界突破』と呼ばれる現象です


「限界突破」「限界突破」と言いますが、正確には「合成限界突破」なんですね

この時のルールとしては
合成限界はレベル×5なので、1レベル上がるごとに5ずつ合成で上げることが出来る最大値が増えます
なので、レベルアップによって6以上ステータスが上昇するときに、合成限界以上の強さになります



もう少し具体的に言えば、
「30レベルで合成してダメで、24レベルで合成して良かった」
「合成限界まで育てるのが早ければ早いほど、強くなるんだ!」
と考えたとき、

「シーフラウアCをLv1の段階で合成限界まで育ててみよう!」

Lv1  POW1
↓合成
Lv1  POW5
↓レベルアップ
Lv2  POW6

・・・・??
残念ながら、Lv1からLv2に上がるときはPOWが1しか上昇しません
それに対して、合成限界は5上がりますから

Lv2  POW6
↓合成
Lv2  POW10

となり、合成限界を突破していません
この場合は結局、合成限界がステータスの限界です


なので、1レベル上がった時に合成限界が5上がる
それに対して、レベルアップによって上がるステータスが6以上
であるときに、限界突破が発生するわけです
シーフラウアの場合は25レベルからステータスが10上がりましたから、限界突破しました




そしてさらに正確に言えば、この場合はPOWのみです

シーフラウアはPOW限界突破しますが、VIT限界突破はしません
VITの最大値は、合成限界の値です
つまり、どんな育成をしても30レベルの時にVITが150を超えることはない、ということです
なぜかと言えば、シーフラウアはレベルアップによってVITが6以上上がることはないからです

そして、ビビリスライムはレベルアップによって6以上ステータスが上がることがないので、何百匹育てても限界突破するビビリスライムは現れません
限界突破出来るペットはレベルアップによって6以上ステータスが上がるペットのみです




そして、この本質を理解すれば分かると思いますが
限界突破を成功させたければ、レベルアップで6以上ステータスが上がる前に合成限界まで育成しておく必要があると分かります
限界突破を狙った育成をする際、何レベルで6以上ステータスが上がるのかを把握しておく必要があります
シーフラウアの場合は25レベルからPOW10ずつ上がるので、24レベルの時点で合成限界まで育成しておけばいい、ということです
(ちなみにHPとSPの場合は101以上、です)



限界突破は「育成が完了するまでレベルを何レベル以上上げてはいけない」というルールこそありますが、「何レベルの時に合成してはいけない」というルールはありません
シーフラウアが20レベルの時に合成しても良いし、13レベルの時に合成しても構いません
最終的に24レベルの時点で合成限界まで育成してあれば、いつ合成を始めても、何度でも合成をしてもいいのです


早いうちに始めれば、あとあと楽になります


最後に、チョコットランド最強のペットである「ハコスラ」について説明しましょう

ハコスラは1レベルから39レベルまで、レベルアップによってたったの1すらステータスは上昇しません
39レベルから40レベルになったときに、爆発的に各ステータスが上昇します
その数値はなんと
HP596
POW200
INT300
SPD90
VIT250
という恐ろしい数値…

Sのつくハコスラ系は各属性によって違いますが、これ以上上がります
しかも攻撃速度もSのつくハコスラの方がはるかに早いです
10匹に1匹程度、HPが普通のハコスラよりも10倍多く上がる「爆発型」と呼ばれるペットも…


理論上、最高難易度の育成の手間がかかります
このハコスラを育てるのに1年かけても出来ない人も…
毎日やりこむ早い人でも1週間、毎日やり続けても1か月は育成に時間がかかるでしょう
毎日10時間を育成に費やせば、5日程度で終わると思います



これで限界突破についての説明は終了いたします
長々とありがとうございました



→ トップページに戻る

チョコットランド・攻略ブログ
↑ブログを広めるためにも、もし私の力がお役に立てたなら、感謝の数だけこちらをクリックしていただければありがたく思います♪
アクセスカウンター♪
プロフィール

ぉ野菜ちゃん

Author:ぉ野菜ちゃん
HaruKaの超絶笑顔同盟へようこそ!
ゲーム攻略に関する記事です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR